トヨタ ホンダ ヴェゼル ライバル車比較 プリウス

プリウスVSホンダヴェゼル!どっちがいいか比較してみた。

更新日:

今回はトヨタ・プリウスとホンダ・ヴェゼルを比較していきます。

ハイブリッドカーの先駆者として誕生して以来、長く愛され続けてきたトヨタ・プリウス。

新プラットフォーム「TNGA」採用により、燃費性能はもちろんのこと走りや静粛性などにも磨きがかかり、ますます魅力的なハイブリッドカーへと進化しました。

一方、ホンダ・ヴェゼルは、アクティブなSUVとクーペの優雅なスタイルを見事に融合させた実用的なコンパクトSUVです。

ガソリンエンジンだけでなくハイブリッドシステム搭載モデルもラインナップし、燃費の良さも魅力的な1台です。

トヨタ・プリウスとホンダ・ヴェゼル、ハイブリッドカーを買うならどっちが良いのか迷っている方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

プリウスVS!ホンダヴェゼル!価格はどっちが高い?

ハイブリッドカーを購入するうえでやはり気になるのは価格ですね。

ハイブリッドカーはガソリン車に比べて価格が高めなので、できるだけ価格を抑えたモデルを手に入れたいと考える方も多いでしょう。

まずはプリウスとヴェゼルの価格を見比べてみます。

【トヨタ・プリウス】

引用:https://toyota.jp/prius/

1.8 E CVT 251.9万円
1.8 S CVT 256.5万円
1.8 S ツーリングセレクション CVT 273.2万円
1.8 S E-Four 4WD CVT 275.9万円
1.8 A CVT 284.3万円
1.8 S ツーリングセレクション E-Four 4WD CVT 292.7万円
1.8 A ツーリングセレクション CVT 300.7万円
1.8 A E-Four 4WD CVT 303.7万円
1.8 A プレミアム CVT 317.5万円
1.8 A ツーリングセレクション E-Four 4WD CVT 320.1万円
1.8 A プレミアム ツーリングセレクション CVT 328.4万円
1.8 A プレミアム E-Four 4WD CVT 337万円
1.8 A プレミアム ツーリングセレクション E-Four 4WD CVT 347.9万円

【ホンダ・ヴェゼル】

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

1.5 ハイブリッド AT

235万円

1.5 ハイブリッド ホンダセンシング AT

246万円

1.5 ハイブリッド X AT

246.9万円

1.5 ハイブリッド X ホンダセンシング AT

253.9万円

1.5 ハイブリッド 4WD AT

256.6万円

1.5 ハイブリッド ホンダセンシング 4WD AT

267.6万円

1.5 ハイブリッド X 4WD AT

268.5万円

1.5 ハイブリッド Z ホンダセンシング AT

271万円

1.5 ハイブリッド X ホンダセンシング 4WD AT

275.5万円

1.5 ハイブリッド RS ホンダセンシング AT

281万円

1.5 ハイブリッド Z ホンダセンシング 4WD AT

292.6万円

両車の価格帯とまとめると・・・

  • プリウス:251.9万~347.9万円
  • ヴェゼル:235万~292.6万円

ベースグレードも上位グレードもホンダ・ヴェゼルのほうが価格設定は低めです

プリウスは上位グレードになると350万円近くなりますが、ヴェゼルは上位グレードでも300万円以下とプリウスに比べると手を出しやすい価格設定です。

もちろん装備内容などによってもお得感は変わってきますが、単純に価格面だけで見ればホンダ・ヴェゼルに軍配が上がります

スポンサードリンク

プリウスVS!ホンダヴェゼル!乗り心地や大きさの比較

トヨタ・プリウスとホンダ・ヴェゼルの乗り心地や大きさを比較してみましょう。

乗り心地の比較

【トヨタ・プリウス】

引用:https://toyota.jp/prius/

  • 後期型になったプリウスを試乗。確かに、問題視されていた乗り心地はかなり改善されている。高級車と比べれば当然あれだけど、車内は思っていたよりも静かだし、街乗りメインなら文句なしだと思います。
  • 路面をしっかり取られている走りで安心感が向上したかなという印象。この価格でこの乗り心地なら文句なしかな。それにハイブリッドだから静かなのも◎。
  • 普段使いでは特に不満点もなく走れてます。ただ、高速道路を走ってみたときに思っていた以上にロードノイズ聞こえてきたのは驚き。それ以外の音が入ってこないから余計に目立った気がしますね。
  • さすがに4代目ともなると、室内の静粛性は格段に良くなってますね。プリウスを乗り継いできてますが、現行モデルは間違いなく過去最高レベルの静粛性でしょう。
  • きちんと振動を制御してくれるので不快感は全くありませんね。妻からも珍しく乗り心地が良いなんて褒めてもらってごきげんです。

【ホンダ・ヴェゼル】

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

  • フットワークの良さとは裏腹に、乗り心地はいまいち。この点は仕方ないのかもしれないけど。やっぱりホンダ車に乗り心地は求めないほうが良いのかも。
  • ガッツンガッツン来る感じはないけど、硬めの部類に入る乗り心地です。衝撃はそれなりに吸収されているけど、固いと感じさせてしまうのが残念。
  • 価格相応の乗り心地と言ったところ。このクラスで乗り心地を求めるのは間違ってると思いますよ。
  • 乗り心地は正直良くないけど、後部席が広くて乗りやすいのでファミリーカーとしての使い勝手もなかなか良いですね。
  • ホンダ車らしく硬めの乗り心地です。ふわふわした乗り心地が好みならトヨタのCH-Rとかのが良いでしょう。走行性能の良さを感じさせてくれる乗り心地が好きならヴェゼルが最適だと思います。

乗り心地の評価はトヨタ・プリウスのほうが良いですね。

ヴェゼルは、ホンダ車らしく固めという意見が圧倒的に多く、この点は好みの問題もあるかもしれませんが快適に過ごしたいということを重視するのであれば、乗り心地はプリウスに軍配が上がりますね

大きさ比較

引用:https://toyota.jp/prius/

続いて大きさを比較してみましょう。

名目 トヨタ・プリウス ホンダ・ヴェゼル
全長(mm) 4575 4295-4340
全幅(mm) 1760 1770-1790
全高(mm) 1470-1475 1605
ホイールベース(mm) 2700 2610
最小回転半径(m) 5.1-5.4 5.3-5.5
室内長(mm) 2110 1930
室内幅(mm) 1490 1485
室内高(mm) 1195 1265

ボディサイズは全長以外はホンダ・ヴェゼルのほうが大きい造りです。コンパクトながらもSUVという特性上高さもあるのが特徴の一つと言えます。

最小回転半径は、僅かながらヴェゼルのほうが大きめですがどちらも取り回しに苦労するほどではなさそうですね。

ただし、ヴェゼルはSUVということもあり、アイポイントはプリウスよりも高いので見晴らしがよいです。

これを踏まえると、ヴェゼルのほうが運転しやすいサイズと言えるでしょう

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

室内サイズはプリウスが室内長と室内幅で勝っていますが、高さはヴェゼルが上です。

前席の居住性に差はないですが、後部席では高さがある分、ヴェゼルのほうが快適です

後部席に人を乗せることが多い、家族も乗せるということを前提に購入を考えているのであれば、ヴェゼルのほうが上ですね。

スポンサードリンク

プリウスVS!ホンダヴェゼル!燃費や維持費はどっちが安い?

引用:https://toyota.jp/prius/

最後に両車の「燃費」「維持費」を見比べてみましょう。

ハイブリッドカーの特徴と言える燃費性能は、どちらに軍配が上がるのでしょうか?

両車のカタログ燃費は以下の通り。

車種 カタログ燃費
トヨタ・プリウス 34~39km/L
ホンダ・ヴェゼル 21.6~27.0km/L

実際の燃費はカタログ掲載値の70%程度まで落ちることがほとんどですが、それでもトヨタ・プリウスのほうが燃費性能は上ですね

維持費

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

最後に維持費を比較してみます。

維持費は「自動車税」「車検費用」「年間ガソリン代」の合計値で比較します。

【自動車税】

自動車税は、排気量により以下のように決められています。

排気量 自動車税
軽自動車(660cc) 10,800円
1,000cc以下 29,500円
1,000cc超~1,500cc以下 34,500円
1,500cc超~2,000cc以下 39,500円
2,000cc超~2,500cc以下 45,000円
2,500cc超~3,000cc以下 51,000円
3,000cc超~3,500cc以下 58,000円
3,500cc超~4,000cc以下 66,500円
4,000cc超~4,500cc以下 76,500円
4,500cc超~6,000cc以下 88,000円
6,000cc超 111,000円

以上を踏まえて、それぞれの自動車税は以下のとおりです。

車種 排気量 自動車税
トヨタ・プリウス 1797cc 初年度:39500円
2年目:10,000円
3年目以降:39,500円
ホンダ・ヴェゼル


1500cc


初年度:34,500円
2年目:9,000円
3年目以降:34,500円

どちらもグリーン化特例適用により、新車購入の翌年のみ自動車税は減税となります。

勘違いされやすいのですが、減税は毎年されるわけではありません。自動車税に限っては、新車購入の翌年のみ減税となり、以降は通常の税額が適用となります。

ヴェゼルのほうが排気量は小さいので自動車税は安く済みますね。

【車検費用】

引用:https://toyota.jp/prius/

名目 トヨタ・プリウス ホンダ・ヴェゼル
重量税 1310-1390kg/0円 1270-1320kg/15,000円
自賠責保険 25,830円 25,830円
印紙代 1,800円 1,800円
車検基本料 40,000円 40,000円
合計 67,630円 82,630円

車検費用には重量税や印紙代などの法定費用と車検基本料などが含まれます。

プリウスは、新エコカー減税適用で2回目の車検まで重量税が免税となり0円です。

ヴェゼルも自動車税が減税となりますが、プリウスのように免税ではありません。

その他の自賠責保険や印紙代、車検基本料に基本的に差はありません。

車検費用を1年間に換算するとプリウスは33,815円、ヴェゼルは41,315円となります。

【年間ガソリン代】

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

ガソリン代は、年間10,000km走行、カタログ燃費の70%、燃料費は全国平均として計算しています。

名目 燃費 燃料 ガソリン代
トヨタ・プリウス 27.3km/L レギュラー 140円/L 51,282円
ホンダ・ヴェゼル 18.9km/L レギュラー 140円/L 74,074円

年間のガソリン代はプリウスのほうが23,000円程度安く済みますね。

【年間維持費】

名目 トヨタ・プリウス ホンダ・ヴェゼル
自動車税 39,500円 34,500円
車検費用 33,815円 41,315円
ガソリン代 51,282円 74,074円
合計 124,597円 149,889円

年間維持費はプリウスのほうが安いという結果になりました。

ただ、ヴェゼルもハイブリッドカーというだけあり、減税対象だったり、ガソリン代を安く抑えられるなどして年間維持費はガソリン車よりも安く済みますね。

あとがき

引用:https://toyota.jp/prius/

今回の比較結果をまとめてみると・・・

  • 価格:ヴェゼルの勝ち
  • 乗り心地:プリウスの勝ち
  • 大きさ:ヴェゼルの勝ち
  • 燃費:プリウスの勝ち
  • 維持費:プリウスの勝ち

3対2でトヨタ・プリウスに軍配が上がります。

ただ、ヴェゼルは車両価格がプリウスよりも安いので、ローン費用も含めると維持費の差は更に縮まると見てよいでしょう。

コスパはトヨタ・プリウスのほうが良いですが、使い勝手はヴェゼルのほうが上と見たほうが良さそうですね。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる裏技

新車の購入を検討している方へ、
ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのを、
ご存知ですか。

車を最安で買いたい
という方は知っておいて損はないです。
また、車を一番高い相場値で売りたい
という方にもおすすめです。

➡︎新車が値引き金額から更に 50万円安くなる方法

スポンサードリンク


 

-トヨタ, ホンダ, ヴェゼル, ライバル車比較, プリウス

Copyright© CAR-BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.