音楽 ギター

エレキとアコギの弾き方の練習方法の違いについて述べてみる。

更新日:

ギターの練習方法で伸び悩んでいるという方もいらっしゃることでしょう。

 

ギターをどのように弾けばいいのかを考えることは、

上手くなるために必須の条件でもあります。

 

またこれといった絶対の方法というのも存在しません。

 

そのため、今回ご紹介するギターの練習方法は、

あくまで一例に過ぎないということを理解していただいた上で、

 

その練習方法に挑戦してみていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク

エレキギターの弾き方

まずはこの両者の弾き方の違いについてみていきましょう。

 

エレキギターは繊細なタッチと力使いを要する楽器であり、

上手く使いこなすには余計な力を抜いて、

 

正しいフォームをできるだけ維持することが大事です。

 

例えば左手で言えば、中指と親指は対になるような状態を常にキープすることが大事であり、

フレットの間を移動してもそれは変わらずキープさせるようにしましょう。

 

右手は細かく弦を弾くことが大事で、

一回一回のピッキングに集中して弾くようにしましょう。

 

右手のコントロールができる人は、

ギターが上手くなりやすいです。

 

ですからギターは左手で弾くのではなく、右手で弾くようにしましょう。

 

左手は人差し指と薬指で持ってなるべく弾くようにして、

小指と中指はアクセントとして弾くのがポイントになります。

 

右手は大きく振り下ろすよりも、

手首を使って小刻みに動かすことを考えましょう。

 

 

スポンサードリンク

アコースティックギターの弾き方

次にアコースティックギターの弾き方に関してです。

 

アコースティックギターにおいては、エレキギターよりも力を要します。

 

そのため、繊細さというよりは大胆さが必要になってきます。

 

弦が硬い分素早く弦移動をして押さえることが求められます。

 

これはコード弾きでも単音弾きでも言えることです。

 

アコースティックギターを入念に練習すると、

エレキギターが弾きやすくなったりしますが、

 

エレキギターでは指のしなやかさ、早く動かせるかどうかが重要になり、

アコースティックギターにおいては腕を素早く動かせるかどうかにかかっているため、

 

両者では弾き方に違いがあります。

 

このことをまずは理解して弾くようにすると良いでしょう。

 

 

まとめ

ギターを弾く上では、目的の音を出すイメージをすることが何より大事です。

 

イメージした音を実際に弾いてみて、間違えては同じフレーズを弾くというようなことを、何度も繰り返していきます。

 

その過程の中で、だんだん弾ける音数が増えたり、フレーズの引き出しが増えていきます。

 

弦の振動を感じ取れる指の繊細さを持つことも重要なのです。

 

皆さんも是非このタッチに気をつけてギターを弾くように訓練してみてください。

 

必要なのは繊細さと大胆さです。

 

以上、

エレキギターとアコースティックギターそれぞれの弾き方、練習方法についての記事でした。

 

 

スポンサードリンク

 

-音楽, ギター

Copyright© BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.