アクセラスポーツ トヨタ マツダ ライバル車比較 プリウス

プリウスVSマツダアクセラスポーツ!どっちがいいか比較してみた。

更新日:

4代目を迎えたトヨタの新型プリウス。

ライバル不在と言われる車種ですが、ボディタイプで見ればミドルサイズの5ドアハッチバックとなるので、同ジャンルにはいくつかのライバル車が存在します。

今回は、マツダのアクセラスポーツと比較していきたいと思います。

アクセラスポーツには、ガソリン車とディーゼル車の2種類あり、ハイブリッドの設定はありません。

そこで、低燃費で維持費も安いということでアクセラスポーツはディーゼル車で比較していきます。

トヨタ・プリウスとマツダ・アクセラスポーツ(ディーゼル車)どっちが魅力的なクルマなのか早速比較していきましょう。

スポンサードリンク

プリウスVS!マツダアクセラスポーツ!価格はどっちが高い?

ハイブリッドカーは維持費が安くても購入時のコストがかかるのがネックですが、アクセラスポーツと比べるとどの程度なのでしょうか?

まずは両車の価格を比較してみましょう。

【トヨタ・プリウス】

引用:https://toyota.jp/prius/

1.8 E CVT 251.9万円
1.8 S CVT 256.5万円
1.8 S ツーリングセレクション CVT 273.2万円
1.8 S E-Four 4WD CVT 275.9万円
1.8 A CVT 284.3万円
1.8 S ツーリングセレクション E-Four 4WD CVT 292.7万円
1.8 A ツーリングセレクション CVT 300.7万円
1.8 A E-Four 4WD CVT 303.7万円
1.8 A プレミアム CVT 317.5万円
1.8 A ツーリングセレクション E-Four 4WD CVT 320.1万円
1.8 A プレミアム ツーリングセレクション CVT 328.4万円
1.8 A プレミアム E-Four 4WD CVT 337万円
1.8 A プレミアム ツーリングセレクション E-Four 4WD CVT 347.9万円

【マツダ・アクセラスポーツ】

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

2.2 22XD プロアクティブ ディーゼルターボ AT

268.9万円

2.2 22XD プロアクティブ ディーゼルターボ 4WD AT

279.2万円

2.2 22XD Lパッケージ ディーゼルターボ AT

301.3万円

2.2 22XD Lパッケージ ディーゼルターボ MT

308.9万円

2.2 22XD Lパッケージ ディーゼルターボ 4WD AT

308.9万円

2.2 22XD Lパッケージ ディーゼルターボ 4WD MT

331万円

プリウスとアクセラスポーツ共にグレードラインナップが豊富なのが特徴です。

両車の価格帯をまとめると・・・

車種 価格帯
トヨタ・プリウス  251.9万~347.9万円
マツダ・アクセラスポーツ 2200cc 268.9万~331万円

ベースモデルはアクセラスポーツ2200ccのほうが高いですが、上級グレードは若干ですがプリウスのほうが高めです。

グレードによって装備や機能に違いがあるので、一概にどっちが安いと決めるのは難しいですが、単純に価格だけで考えればマツダ・アクセラスポーツのほうが安いと言えるでしょう

スポンサードリンク

プリウスVS!マツダアクセラスポーツ!乗り心地や大きさの比較

トヨタ・プリウスとマツダ・アクセラスポーツの乗り心地や大きさを比較してみましょう。

乗り心地の比較

乗り心地はユーザーレビューを参考にしたいと思います。

【トヨタ・プリウス】

引用:https://toyota.jp/prius/

  • かなり不評だった前期型とは打って変わった感じがある乗り心地で、上質感が出てますね。それに静かなのもハイブリッドカーらしくて気に入りました。試乗ですが、十分に性能が上がったことがわかりますね。
  • 同乗者もかなり安心して座っていられる乗り心地です。口コミ通り車内はかなり静かになってるし、価格帯から考えればこの乗り心地は割と贅沢な気がします。
  • 通勤用で使ってますが十分すぎるほど乗り心地には満足してます。高速を走ってるときのロードノイズは多少気になるけど、そんな頻繁に高速を使うことなんてないから、そこは重要じゃないかなと割り切ってます。
  • 全体的に乗り心地は前期型よりも遥かに良くなってる。特に後席の突き上げ間は抑えられてるし、家族を乗せても不満はないかなと思う。
  • 変な挙動はないし振動もうまくいなしてくれるから安心感が全然違いますね。夫婦で使うことが多いけど、妻も珍しくプリウスは絶賛していてそれぐらい今までのクルマとは乗り心地が違うのがわかります。

【マツダ・アクセラスポーツ】

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

  • ふんわり感のある乗り心地だけどトヨタ車みたいなふわふわではない。段差をうまくこなしている感じがあって自分は気に入ってます。
  • もっとスポーティーな味付けがされてるのかなと思ったら、意外とそうでもない。良くも悪くも普通かな。これといった特徴が感じられませんでした。
  • 低速域でのゴツゴツした感触が気になりますね。それと内装の軋みと車内の騒音も結構気になるし、静粛性はいまいちというレベル。この価格は高すぎな気がしますね。
  • わかりきってたけど、乗り心地重視で乗り換えるクルマではないですね。ロードノイズは入ってくるし、ゴツゴツ感はあるし。運転席はまあま良いけど、後部席は相変わらずといった感じです。
  • ディーゼル車特有なのか低速域での揺れは結構気になる。

乗り心地は車内の静粛性も含めてトヨタ・プリウスに軍配が上がりますね

マツダ・アクセラスポーツは、とにかくロードノイズが気になるとの声が多数見受けられ、静粛性は要改善と言ったレベルです。

大きさ比較

引用:https://toyota.jp/prius/

続いて大きさを比較してみましょう。

名目 トヨタ・プリウス マツダ・アクセラスポーツ
全長(mm) 4575 4460
全幅(mm) 1760 1795
全高(mm) 1470-1475 1470
ホイールベース(mm) 2700 2700
最小回転半径(m) 5.1-5.4 5.3
室内長(mm) 2110 1930
室内幅(mm) 1490 1485
室内高(mm) 1195 1265

どちらも全長は4600mm以内に収まっていますが、全幅はワイドです。

アクセラスポーツは全幅が1800mm近くもあり、車幅感覚には多少気を使う運転が必要になります

また、アクセラスポーツはボンネットを長くしているので、運転席から先端を確認しづらく前方の車両感覚もつかみにくいです。

このようにボディサイズに大きな差はなくても、デザインの関係上、運転に支障をきたすこともあるので、このあたりは試乗で確認してほしいですね。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

ホイールベースと最小回転半径に大きな差はなく、取り回し生はほぼ同等と見てよいでしょう

プリウスとアクセラスポーツはどちらもサイドウィンドウの下端が高めで速報の確認がし辛いです

さらに後方に持ち上げているため斜め後方と真後ろの視界も悪いです。

お世辞にも両車とも運転しやすいクルマとは言えないですね。

引用:https://toyota.jp/prius/

車内サイズはプリウスのほうが大き造りです。

特に全長が長く、これにより後席のゆとりもアクセラスポーツよりも上です。

プリウスの後席は足元空間が握りこぶし2個分に対し、アクセラスポーツは1個半。僅かにですがプリウスのほうが後席の居住性は上です

ただどちらも全高は低いので、頭上空間は余裕がなく、おまけにサイドウィンドウは持ち上げたデザインで閉鎖感があるので、お世辞にも快適と言えるレベルではないです。

大きさ比較は引き分けとしましょう

スポンサードリンク

プリウスVSマツダアクセラスポーツ!燃費や維持費はどっちが安い?

プリウスとアクセラスポーツの燃費と維持費についても比べてみましょう。

燃費

車種 カタログ燃費
トヨタ・プリウス 34~39km/L
マツダ・アクセラスポーツ 19.6~21.4km/L

アクセラスポーツはディーゼルモデルだとリッター20km超えとなかなか優秀ですが、それでもハイブリッドカーであるプリウスには遠く及びませんね。

ただ、ディーゼル車は燃料が軽油なので、燃費差を埋められるのは間違いないでしょう。

維持費

引用:https://toyota.jp/prius/

最後に維持費を比較してみます。

維持費は「自動車税」「車検費用」「年間ガソリン代」の合計値で比較します。

【自動車税】

プリウスの排気量は1797ccなので「1500cc超~2000cc以下」に該当するので、自動車税は39,500円となります。

一方、アクセラスポーツは2200ccなので「2000cc~2500cc」に該当するので自動車税は45,000円となります。

車種 排気量 自動車税
トヨタ・プリウス 1797cc 初年度:39500円
2年目:10,000円
3年目以降:39,500円
マツダ・アクセラスポーツ 2188cc 初年度:45,000円
2年目:22,500円
3年目以降:45,000円

どちらも燃費基準をクリアしたエコカー減税対象車なので、購入の翌年の自動車税は安くなります。

ただ、アクセラスポーツのほうが排気量が大きいため自動車税は高いですね。

【車検費用】

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

名目 トヨタ・プリウス マツダ・アクセラスポーツ
重量税 1310-1390kg/0円 1440-1450kg/0円
自賠責保険 25,830円 25,830円
印紙代 1,800円 1,800円
車検基本料 40,000円 40,000円
合計 67,630円 67,630円

どちらも平成32年度燃費基準+50%達成車なので自動車重量税は2回目の車検まで免税となります。

車検費用は同等と見ていいでしょう。

【年間ガソリン代】

引用:https://toyota.jp/prius/

ガソリン代は、年間10,000km走行、カタログ燃費の70%、燃料費は全国平均として計算しています。

名目 燃費 燃料 ガソリン代
トヨタ・プリウス 27.3km/L レギュラー 140円/L 51,282円
マツダ・アクセラスポーツ 14.98km/L 軽油 110円/L 73,431円

燃費性能はプリウスのほうがかなり上なので、ガソリン代は安く済みますね。

ただ、アクセラスポーツのディーゼル車は燃料が軽油ということもあり、燃費以上に差が開くことはありません。

【年間維持費】

名目 トヨタ・プリウス マツダ・アクセラスポーツ
自動車税 39,500円 34,500円
車検費用 33,815円 33,815円
ガソリン代 51,282円 73,431円
合計 124,597円 141,746円

年間維持費は約17000円の差でトヨタ・プリウスのほうが安く済みます。

思ったいたよりも維持費に差は出ませんでしたね。

あとがき

引用:https://toyota.jp/prius/

今回の比較結果をまとめてみると・・・

  • 価格:アクセラスポーツの勝ち
  • 乗り心地:プリウスの勝ち
  • 大きさ:引き分け
  • 燃費:プリウスの勝ち
  • 維持費:プリウスの勝ち

総合的にトヨタ・プリウスの勝ちとなります。

価格面もアクセラスポーツのほうが安いとは言え、ほとんど差はありませんので、大きさ以外はすべてプリウスの勝ちと言っても過言ではないでしょう。

ただし、両車ともデザイン上、運転しにくいのがデメリットでもあります。

このあたりは試乗でどの程度のものかしっかり確認しておいたほうが良いでしょう。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる裏技

新車の購入を検討している方へ、
ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのを、
ご存知ですか。

車を最安で買いたい
という方は知っておいて損はないです。
また、車を一番高い相場値で売りたい
という方にもおすすめです。

➡︎新車が値引き金額から更に 50万円安くなる方法

スポンサードリンク


 

-アクセラスポーツ, トヨタ, マツダ, ライバル車比較, プリウス

Copyright© CAR-BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.