トヨタ エスティマ アルファード ライバル車比較

アルファードVSエスティマ!どっちがいいか比較してみた。

更新日:

アルファードとエスティマの2台は、どちらもトヨタの人気なミニバンであります。

「高級ミニバン」とでも言えるような風格とスペックが共通の特徴でありますが、見た目、機能はかなり異なっております。

ミニバン購入を検討している方で、この2台を比較して悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。

そこで今回は、アルファードとエスティマを色々な視点から比較してみました。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

アルファードVSエスティマ!価格はどっちが高い?

ではまず、アルファードとエスティマの車体価格を比較してみます。

あらかじめ予算が決まっている、という方は価格を重視して検討してみると良いでしょう。

ご紹介する価格はあくまで”車体価格”です。

オプション等を追加すれば購入価格がもう少し上がる事も想定しておくと良いかもしれません。

それではそれぞれの価格を車種別に見ていきましょう。

・アルファード(標準ボディ)の車体価格

HYBRID Executive Lounge ¥7,352,640
HYBRID G"Fパッケージ" ¥5,551,200
HYBRID G ¥4,997,160
HYBRID X ¥4,384,800
Executive Lounge ¥7,028,640
GF ¥4,652,000
G ¥4,206,600
X ¥3,376,080

・エスティマの車体価格

エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM-G ¥4,928,727
エスティマハイブリッド AERAS SMART ¥4,532,073
エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM ¥4,391,673
エスティマハイブリッド AERAS ¥4,352,400
エスティマ AERAS PREMIUM-G ¥3,700,473
エスティマ AERAS SMART ¥3,514,909
エスティマ AERAS PREMIUM ¥3,401,018
エスティマ AERAS ¥3,312,655

・アルファードとエスティマの価格から分かることは?

アルファードとエスティマそれぞれの価格を表でご紹介しましたが、全体的に価格は「アルファードの方が高い」と言えます。

ガソリングレードのアルファードXと、同じくガソリングレードのエスティマ AERASから、わずかですがアルファードの方が高く、それから上のグレードになるとアルファードには300万円台の車体価格がありません。

一方で、エスティマはガソリングレードであれば車体価格は300万円台をキープしています。

この事から、価格帯はアルファードの方が高いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

アルファードVSエスティマ!乗り心地や大きさの比較

続いて、アルファードとエスティマの乗り心地とサイズをご紹介します。

どちらもミニバン特有の大きなボディが特徴的ですが、どちらが大きく、乗り心地も評価が高いのでしょうか?

こちらもそれぞれ見ていきましょう。

・アルファードのサイズと乗り心地

【サイズ】

  • 全幅:1600mm
  • 全長:4945mm
  • 全高:1935mm

【乗り心地】

アルファードの乗り心地はトヨタのミニバンの中でも最上級と言っても過言ではない上質な空間が魅力です。

絶妙なバランスでセッティングされた足回りのサスペンションやショックアブソーバーにより、縦や横の揺れと振動を的確にとらえ安定した走行が出来ます

車高があることで乗り物酔いがしやすいミニバンですが、アルファードはそういった不快感が激減し、満足度の高い、質の良い乗り心地が実現されています。

特に2列目のシートの乗り心地は良く、リクライニングをしてもしっかり足元の空間が余るほどで、狭さを一切感じさせません。

しかし、見た目から分かるようにアルファードはサイズが大きいので、特に女性や運転に不慣れな方は運転がしづらい、と感じるかもしれません。

高級車のセダンと変わらないレベルの車内空間や乗り心地を求めるなら、間違いなくアルファードがおすすめでしょう。

・エスティマのサイズと乗り心地

【サイズ】

  • 全幅:1810mm
  • 全長:4820mm
  • 全高:1760mm

【乗り心地】

エスティマも高級志向な装いではあるものの、昔から続くデザイン性を保っており、アルファードよりは内装も落ち着いたデザインとなっています。

ノアやヴォクシーなどのミニバンにやや近いインテリアではありますが、上質で厚みのあるシートは魅力で、また機能性も意識されたシートアレンジの豊富さもエスティマの長所です。

3列目シートは使わない場合は、”床下格納”で収納が出来るといった面もあり、アルファードや他のミニバンと一味違います。

足回りは若干フワフワして好みが分かれる印象ですが、許容範囲内のレベルでしょう。

無駄な動きをすることなくレスポンスの良いハンドリングで、こちらはとても評価が高いです。

しかし、18インチのタイヤを装着したエスティマは、足回りが硬めになりゴツゴツと路面からの突き上げが強く感じられるのが欠点です。

アルファードよりも車幅を除いてサイズは少し小さめなので、運転のしやすさではエスティマが優勢です。

スポンサードリンク

アルファードVSエスティマ!燃費や維持費はどっちが安い?

違った特徴を持ちながらも、質の高い乗り心地、運転性能を実現したアルファードとエスティマですが、かかってくるガソリン代などはどうなのでしょうか。

ここではアルファードとエスティマの燃費と維持費についてご紹介します。

・アルファードの燃費と維持費

【燃費】

  • ガソリン2.5Lグレード・・・11.6~12.8km/L
  • ガソリン3.5Lグレード・・・10.4~10.8km/L
  • ハイブリッド2.5Lグレード・・・18.4~19.4km/L

上記はカタログ値の燃費で、実燃費はガソリングレードで10km/Lが平均です。

場合によっては10km/Lを切ってしまうことも多々あります。

ハイブリッドグレードになると、燃費は上昇し、約12~15km/L程になるようです。

このクラスのミニバンとしては、まずまず良いと言えるでしょう。

【維持費】

アルファードの維持費は購入者の状況により様々で、一概に維持費をご紹介することが出来ません。

しかし、アルファードユーザーの平均的な年間維持費は約50万円ほどで、多いと60万円弱は掛かります。

これはローンを組む場合、その返済費用は含んでいないので、ローンがある場合はこれよりももっと多くなるということになります。

アルファードはミニバンの中でも維持費が高い傾向にあります。

自動車税も3.5Lであれば¥58,000も掛かってしまいます。

ですが2.5Lのグレードであれば¥45,000となり、排気量の違いだけでもこんなに変わってくるのです。

また、保険料や車検費用も通常のミニバンよりもやや高いので、それなりに余裕を持って購入できることが望ましいようです。

・エスティマの燃費と維持費

【燃費】

  • ガソリン2.4Lグレード・・・11.4km/L
  • ハイブリッド2.4Lグレード・・・18.0km/L

エスティマはガソリン、ハイブリッドともに2.4Lの排気量しか用意がありませんが、アルファードに劣らない燃費が出せるようです。

エスティマの実燃費は約10km/Lで、高速道路では14~16km/Lが平均です。

ガソリン、ハイブリッド問わず燃費はほぼ”アルファードと変わらない”でしょう。

【維持費】

エスティマの具体的な維持費も、ここではハッキリとご紹介することが出来ませんが、年間で最低限掛かる維持費は約45~50万円程です。

一年を通して考えると、若干ですがアルファードよりも維持費が安いかな?という程度です。

しかし、保険料やローンの有無などでも話は変わってくるので一概には言えません。

エスティマも車検費用や燃費の関係で燃料代が多めにかかることが多く、維持費はミニバンとしてはやや高めです。

アルファードとエスティマの燃費と維持費は、”どちらもほぼ同じくらい”という認識で良いでしょう。

あとがき

いかがでしたか?

今回はアルファードとエスティマの価格や乗り心地、維持費についてでした。

ご紹介したことをまとめると下記のようになります。

  • 車体価格はアルファードの方が高い
  • 乗り心地はアルファードの方が質が高く評価が高い
  • 燃費と維持費はアルファードもエスティマもほぼ変わらない

このような結果となりました。

最終的には、ご自身の好みでどちらにするか選んでも良いでしょう。

どちらも、魅力的な車である事には間違いありませんから。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる裏技

新車の購入を検討している方へ、
ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのを、
ご存知ですか。

車を最安で買いたい
という方は知っておいて損はないです。
また、車を一番高い相場値で売りたい
という方にもおすすめです。

➡︎新車が値引き金額から更に 50万円安くなる方法

スポンサードリンク


 

-トヨタ, エスティマ, アルファード, ライバル車比較

Copyright© CAR-BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.