フォレスター スバル 車中泊

フォレスターで車中泊でのネックは段差?解消する方法は?

更新日:

愛車の最高の査定額を知る方法

車の下取り、査定を考えている方、

最高価格で売るためにはコツがあります。

ディーラー下取りはメチャクチャ損しますよ!

本当に賢い査定方法をご紹介します。

車を楽に最高値で売るためには?下取りの手引き

 

新型フォレスターは、前回のモデルチェンジよりも更にパワーアップしました。

より快適に、より有効にスペースを利用できることが可能になりました。

新型フォレスターについて、「キャンプやアウトドア、車中泊などで、どれくらいゆったり使えるのか」という点気になる方も多いのではないでしょうか。

大きなボディでSUVということもありますので、室内空間の充実さや快適装備の充実は大切な点ですよね。

そこで今回は、フォレスターがアウトドアや車中泊にどれくらい向いているのか?

という点について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

フォレスターで車中泊は快適なのか?

フォレスターに限りませんが、SUVという車を選択する方は、アクティブシーンに車を役立てたいと思っている方が多いはずです。

フォレスターは車中泊に向いた車種なのかという事を考えてみたいと思います。

・まず、フォレスターで車中泊は「十分可能」です!

結論から言うと、フォレスターで車中泊は十分に可能です。

荷室フロア最大幅が1585mmあり、大人二人は寝そべることができる幅があります。

また、先代フォレスターで懸念されていた後部座席の”段差”が無くなり、ほぼフルフラットにすることが出来ますので段差は気になりません。

しかし、身長が175cm以上の方が寝転がると、窮屈さを感じるので身体を斜めにして寝ないといけません。

そうすると快適に車中泊が可能な人数は1~2人が限界でしょう。

・フォレスターでの車中泊は快適にできる?

競合車SUVなどと比較をすると、フォレスターは快適に車中泊が出来る部類と言えます。

理由としては後部座席を倒しても段差がほぼ無い事や、縦横広々利用できるスペースが確保されていることが理由です。

SUVで車中泊が可能と言っている車種でも意外に多いのは、後部座席との段差があって車中泊マットでも補えないということです。

フォレスターはその段差が劇的に改善されているのが大きいのです。

もはやフォレスターにおいて、段差はネックではありません。

スポンサードリンク

フォレスターで快適に眠るために

フォレスターで車中泊が可能ということがわかりましたね。

続いて、フォレスターで車中泊するならやはり少しでもより快適に過ごせるようにしたいですよね。

フォレスターでより快適に車中泊が出来るようにどうすれば良いのかを紹介していきます。

・「車中泊マット」は必須アイテム!!

キャンプや車中泊を度々する予定のある方なら、車に常備しておきたいアイテムの一つです。

車中泊マットは通常の寝具でも代用出来ますが、出来れば車中泊向けのマットを用意しておくのが良いでしょう。

中でも有名で人気なメーカー「FIELDOOR」の車中泊マットは、サイズも豊富で使わないときはコンパクトに収納ができ、重さも約3kgという軽さです。

常にトランクに入れておいても全く邪魔にならないので、防災グッズとしても役立ちそうですね。

価格は¥15,000.-~と少々お高いですが、寝具は良い物を揃えておくことで、身体の痛みや疲れが軽減されるのでぜひ良い物を購入しましょう。

・車中泊用サンシェードもオススメ!

車中泊マットと合わせて準備して頂きたいのが「サンシェード」です。

窓の全ての面に吸盤で取り付けるタイプだと、カーテンのように取り付ける手間が無いのがメリットです。

しかし、フォレスター専用に設計されたサンシェードは無い為、サイズなどを確認して購入する必要があります。

遮光性がしっかりとしているものを選べば、プライバシーの保護と同時に快適に車中泊で眠ることができますよ。

サンシェードの価格は比較的安価なので、いくつか購入してお気に入りのものを見つけ出すのも良いかもしれません。

ぜひ、実際に車中泊などで利用される前に使い勝手を知っておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

新型フォレスターは車中泊に便利な機能や装備が盛り沢山

フォレスターには、車体自体も遠出はもちろん外出時や車中泊時にも便利な機能が備わっています。

普段から実用性バッチリの便利な機能や装備を紹介します。

・LEDスポットマップランプ

車中泊で特に夜に大活躍するのは「ライト」ですよね。

フォレスターのルームランプは、現在主流の「LED」を採用し、暗い夜でも車内を明るく照らしてくれます。

ハロゲンランプとの明るさの違いは一目瞭然です。

車内が明るい事で、食事や会話が弾みそうですよね。

・カップホルダー

フォレスターは車内のカップホルダーも工夫が施されています。

前席に設置されているカップホルダーは、運転席と助手席のどちらからでも使いやすく左右席間のゆとりもしっかり確保できるよう、横置きのレイアウトになっています。

また後部座席のカップホルダーは、アームレストとしても、カップホルダーとしても使うことが出来ます。

飲み物の置き場は意外に少ないと困りますが、フォレスターはカップホルダーがしっかり準備されており、レイアウトの工夫もされているので使い勝手が良いですよ。

・パワーリヤゲート

メーカー装着オプションとなりますが、パワーリヤゲートは電動で開閉をしてくれる機能です。

フォレスターのリヤの扉は大きくかつ重たいので、特に女性はパワーリヤゲートが無いと少し不便に感じてしまうかもしれません。

パワーリヤゲートがあれば、カーゴルームにアクセスすることが楽になり、大きな荷物を車に乗せるときも安心です。

ボタン一つで出来るのも便利ですよね。

・カーゴルームユーティリティ

まだまだフォレスターには便利な機能があります。

特に便利なのはカーゴフックが充実していることです。

画像の①はカーゴサイドフック(左右2か所ずつ)で、②はDC12V/120W電源ソケットとなっています。

また③は下部にカーゴフック(左右2か所ずつ)が付いており、荷物の固定などに重宝します。

さらに衣類などをかけられるリヤゲートフックも付いていますよ。

カーゴルームだけで、車中泊で使える機能が沢山あるのが良いですね。

・大型サンルーフ

こちらはメーカー装着オプションとなります。

「サンルーフって実際使い道あるの?」と思う方もいるかもしれません。

実際のところ、使用頻度は低めかもしれませんが、アウトドアや車中泊にはかなり向いた装備となります。

山などでの星空観察や、景色をこのサンルーフから見れば、いつもの車窓からとは全く違う景色を見ることができます。

外出先での一味違った楽しみを味わえる一押しの装備ですよ。

 

あとがき

いかがでしたか?

今回は、主にフォレスターの車中泊について、紹介させて頂きました。

フォレスターはとても車中泊やロングドライブに適した車ですが、車中泊する人数には注意が必要です。

車中泊について、あまりよく眠れなそうでセキュリティも安心できない、というイメージを持たれている方も多いと思います。

ですので、車中泊をされる前に、実際に車の機能面や購入した車中泊グッズの使い勝手をよく知ることが重要なのです。

また、車中泊をより快適に充実したものにできるよう、なるべく車中泊グッズにはコストを費やすことをオススメします。

工夫次第でいくらでも快適に楽しくできちゃうのも車中泊やアウトドアの魅力ですよね。

そして車中泊を経験しておくことで、いざという時の防災対策にも繋がるかもしれません。

フォレスターオーナーの皆さま、車中泊にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

記事を閲覧いただきありがとうございました。
本サイトには車に関する多くの記事ストックがありますので、閲覧いただければ幸いです。
読者の方のお役に立つ情報があるかもしれません。

パソコンで閲覧されている方は、記事面の右にカテゴリーの窓がございますので、そこから興味のある車種、話題等を閲覧可能です。

スマートフォンの方は、本記事を下にスクロールいただくと、カテゴリー窓がありますので、そちらから検索いただければと思います。

また、この少し下に青い車種名などが書いてある部分がありますので、そちらをクリックすることでも閲覧は可能です。〈関連記事の表記のすぐ上です〉

 

強力!新車が値引き金額から更に 20 万円安くなる裏技

新車の購入を検討している方へ。
ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのをご存知でしょうか。

興味がある方の参考になれば幸いです。

➡︎新車が値引き金額から更に 20万円安くなる方法

スポンサードリンク


 

-フォレスター, スバル, 車中泊

Copyright© CAR-BLOG1176 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.