音楽

ギター上達するための練習方法について述べてみる。その11

更新日:

ギターが上手くなりたい、そういう方はどんな努力をされているでしょうか。

 

ギターを上達させるためにやるべきこととして、

挙げられるものにアンプのセッティングというのがあります。

 

やはり気持ちのいい音とは、

気持ちのいいアンプのセッティングによってなされるものであります。

 

また、ピッキングの力加減もかなり重要です。

本記事ではその辺りのことについて述べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ピッキングの力加減

皆さん普段ギターを弾く時どのくらいの音量で弾いているでしょうか。

 

自宅の練習環境では大きな音を出すことができないことがほとんどでしょう。

 

そのため、アンプからの出力よりも、

手元の弦をピッキングする音の方が大きかったりすることでしょう。

 

実はこれはかなりマズイことです。

 

弦のピッキングの音に慣れてしまいますと、

その音が聞こえないと弾けなくなってしまったりします。

 

これではアンプで音を鳴らした時に聞こえなくなるので引きづらくなってしまいます。

 

それにピッキングの力加減もわからなくなってしまいます。

 

 

音に慣れる

 それではどうすればいいのかと言いますと、

なるべくスタジオに入ることをケチらずに、

 

アンプで音を出す練習をするようにしましょう。

 

アンプから出る音が添加されたピッキングの音というのは、

生音とはまるで違います。

 

その空気感、ダイナミクス、タッチの繊細さは、

アンプから音を鳴らさなくては体感することができません。

 

うまいギタリストはみんな大きな音を出すことに躊躇せず、

スタジオでもライブでも大きめの音量セッティングで持って音を鳴らします。

 

そうしなければ圧倒的に迫力が足りなくなってしまうのです。

 

近年ではバンドにおけるボーカルの声量の低下により、

自ずとギターの音量も絞らなければならないということが多く、

 

聴く人もこれで満足なのかと心配になったりもします。

 

音量バランスを何より重視しギターの出力も抑えられてしまっていますが、

せっかくアンプという音を増幅させる楽器があり、

 

それでしか味わうことのできない質感を台無しにしてしまいます。

 

下手でもいいので上達させたいうちは大きな音に腕を慣らすようにしましょう。

 

音量によっても弾き方というのは変わってきますしね。

 

 

スポンサードリンク

音色について

具体的なアンプのセッティングについては話していなかったですが、

セッティング自体は好みの音にすると良いでしょう。

 

その際バンドのオケに馴染む音色を見つけ出すことが重要で、

変にこだわりすぎたり、絶対それが正しいと決め込むことはナンセンスです。

 

広い視野を持って、あくまでボーカルを引き立たせるための音色を考えながら、

音作りをするようにしましょう。

 

その際クリーン、クランチ、オーバードライブ、

ディストーションの各音色の特徴というのを把握しておく必要があります。

 

 

まとめ

ギターは繊細な楽器であり、

音色や音量バランスを使い分けるのが難しいものでもあります。

 

コツとしてはゲインをうまく使いこなせると良いでしょう。

 

ゲインは本当に少しのメモリ変動で大きな効果を生みます。

 

やたらと上げすぎてファズサウンドになってしまわないように、

耳でよく聴きながら調節をしましょう。

 

皆さんもアンプを上手に使いこなして理想のギターサウンドを手にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

 

-音楽

Copyright© BLOG1176 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.