夏のイベント、ロックフェス!注意するべきこと。

夏のイベント、ロックフェス!注意するべきこと。

夏といえば私からしたら花火の次にフェス!

最初は好きなアーティストが出るから参加しましたが、違う楽しみ方がある事と気を付けるべき事が結構ありました。

そんな反省点も含めて、「初めて参戦するよ!」「行ってみたいと思ってるよ!」って方が居たら参考に読んでほしい内容です。

よかったら最後まで読んでください♪

 

 

 

用意するものや服装

 

初めて行く際に、とにかく動きやすい服装を重視してましたがそれだけじゃ駄目でした。

日焼け対策はもちろん、熱中症対策も忘れてはいけません!

フェスが始まる前にまずはグッズを買う為に並びます。

太陽の下で2時間ちょっと並んだ時もありました。

もちろん人気なアーティストほど並びます。

かかせないのが飲み物と帽子、当たり前かもしれませんが本当に大事だなと思いました。

直接頭に日が当たると当たらないとでは、全然違います。

他には保冷剤や熱さまシート、首に巻くタイプなんてピッタリでしょう。

そしてとにかく焼けます!焼けたくない人は完全防備して行くのをオススメします。

 

肌を一斉出さないようにしてる女の人は結構居るので、全然浮く事も無いので心配御無用です。

だからって日傘は周りの迷惑になるのでNGですよ!

天気が曇りだった場合はカッパを忘れずに持って行きましょう。

雨の予報だった場合長靴は必需です。

会場の地面が土の場合は泥まみれになります。

ビニール袋やタオルや着替えも車の中に用意しておくと安心です!

とにかく最小限の持ち物で、小さいウエストポーチや肩にかけるタイプのカバンが良いと思います。

リュックは楽ですが結構他の人との距離が近い為、周りの人の邪魔になります。

1人で楽しむものでは無いので、周りへの配慮も忘れずにすると皆で楽しむ事ができますよ♪

 

ロックフェス初心者が注意すべきこと

 

私が初めてロックフェスに行ったときに体験したことです。

大好きなバンドの出番が近づいたので、友達と「もっと前に行こっか♪」と近くで見たかったというのもあったので、前の方に行ったんです。

始まった瞬間とにかく危なかったです。

後ろから横から押されて、肩車をされた人が私たちの頭の上にダイブしてきたり、とにかく楽しむ間も無く身動きの取れない状態が続きました。

終わった後友達とはぐれてしまうまでに…。頬っぺたがヒリヒリするなぁって思ったら、いつの間にか顔に切り傷みたいに血が出ていました。

ロックフェスに行こうと思ってる人は気をつけた方が良いです。

私自身どんなものか調べてなかったのも反省でした。

フェスでは色んな人が居ます。

みんなで輪になって踊る人、周りを巻き込んで楽しむ人、隅の方で手拍子してる人…。

自分がどんな楽しみ方で参戦するか1度考えてみてくださいね♪
 

あとがき

 

フェスは自由に楽しむものだと思います。

みんながみんな自由に楽しむので、その分危険な事もあるのを頭に入れておいてください。

せっかく好きなバンドを見に行くのなら思いっきり楽しみましょう!

 

その他の話題カテゴリの最新記事