トヨタ ライバル車比較 プリウス

プリウスVSスバルXVハイブリッド!どっちがいいか比較してみた。

更新日:

プリウスとスバル・XVハイブリッドは、ボディ形状は異なるものの、燃費の良さを売りにした車種となっています。

燃費性能に特化したプリウスと、燃費性能を発揮するのが少し苦手なスバル車ですが、どちらも個性のある魅力的な車です。

そこで今回は、プリウスとXVハイブリッドの価格や乗り心地、燃費などの比較を紹介します。

プリウスとXVハイブリッドはどちらが優れた性能を持っているのでしょうか?

それぞれの違いを見ていきましょう。

スポンサードリンク

プリウスVSスバルXVハイブリッド!価格はどっちが高い?

まずはじめに、プリウスとXVハイブリッドの価格を紹介します。

同じハイブリッド車ですが、どちらの方が高いのでしょうか?

プリウスとXVハイブリッドの価格を比較していきましょう。

・プリウスの車体価格

Aプレミアム”ツーリングセレクション” ¥3,284,280~
Aプレミアム ¥3,175,200~
A”ツーリングセレクション” ¥3,006,720~
A ¥2,842,560~
S”ツーリングセレクション” ¥2,732,400~
S ¥2,565,000~
E ¥2,518,560~

・XVハイブリッドの車体価格

Advance ¥2,829,600

・プリウスとXVハイブリッドの価格比較について

プリウスとXVハイブリッドの価格ですが、XVハイブリッドのグレード展開はなんと一種類しかありません。

その他のXVハイブリッドのグレードは、全てガソリン車となります。

プリウスの中間グレードにあたる「Aグレード」の価格と、XVハイブリッドの「Advanceグレード」がほぼ同じです。

グレードの種類が豊富なプリウスの方が、車体の平均価格はやや高めとなります。

XVハイブリッドはXVの全てのグレードの中でも一番上級グレードに位置していますので、充実の装備と先進技術が魅力です。

スポンサードリンク

プリウスVSスバルXVハイブリッド!乗り心地や大きさの比較

続いて、プリウスとXVハイブリッドの乗り心地と大きさを紹介します。

プリウスもXVハイブリッドも、磨きに磨かれた乗り心地や操縦性は、ハイレベルといえます。

・プリウスの乗り心地と大きさ

【大きさ】

  • 全長:4,575mm
  • 全高:1,760mm
  • 全幅:1,470mm

【乗り心地】

プリウスの乗り心地は、燃費性能と乗り心地の良さが追求されているのが特徴です。

アクセル操作に対して車が素直に反応する操縦性と、気持ちのいい加速感を味わうことができます。

また、「TNGA」というトヨタの技術により、低重心でスポーツカーのような乗り心地を実現しています。

それにより優れた操縦安定性とハンドリングは運転していて楽しさを感じられるほどです。

高剛性ボディで全身が強化されているので、高い静粛性と安全性も魅力です。

スポーティで快適な乗り心地を味わうことができるので、年齢問わず人気なのも納得です。

・XVハイブリッドの乗り心地と大きさ

【大きさ】

  • 全長:4,465mm
  • 全幅:1,800mm
  • 全高:1,550mm

【乗り心地】

XVハイブリッドの乗り心地は、SUVとは思えないような上質な走りが特徴です。

路面状況を問わず快適な乗り心地を追求し、不快な騒音や振動もしっかりと抑えられています。

同乗者の疲労や車酔いも軽減が期待できるほど、質の高い乗り心地が実現されているのです。

プリウス同様に、XVハイブリッドも低重心化と剛性アップが施され、安全性の向上にもつながっています。

SUVなのでプリウスよりは若干足回りが硬いと感じられるかもしれませんが、不快になることはなく程よい乗り心地が魅力的です。

スポンサードリンク

プリウスVSスバルXVハイブリッド!燃費や維持費はどっちが安い?

最後に、プリウスとXVハイブリッドの燃費と維持費について紹介します。

燃費と維持費は、同じハイブリッド車でもどのくらい異なるのでしょうか?

また、メーカーもボディのタイプも異なるプリウスとXVハイブリッドの維持費も気になりますよね。

車を所有する上で重要な部分もである「燃費」と「維持費」の比較を紹介します。

・プリウスの燃費と維持費について

【燃費】

  • 34.0~39.0km/L

【維持費】

概算となりますが、プリウスの維持費は平均で下記の通りです。

自動車税 1.8L:¥39,500
ガソリン代 約¥40,000~¥100,000
車検 約¥50,000~¥90,000
任意保険(車両保険あり) 約¥50,000~¥100,000
メンテナンス費用(オイル、タイヤ、バッテリー交換など) 約¥10,000~¥50,000
その他費用(駐車場代、重量税) 約¥30,000~¥100,000
合計 平均約¥180,000~¥440,000

※上記は車検のある年の年間維持費となります。

・XVハイブリッドの燃費と維持費

【燃費】

  • 19.2km/L(JC08モード)
  • 15.0km/L(WLTCモード)

【維持費】

自動車税 2.0L:¥39,500
ガソリン代 約¥100,000~¥120,000
車検 約¥50,000~¥120,000
任意保険(車両保険あり) 約¥80,000~¥100,000
メンテナンス費用(オイル、タイヤ、バッテリー交換など) 約¥30,000~¥50,000
その他費用(駐車場代、重量税) 約¥50,000~¥100,000
合計 平均約¥300,000~¥500,000

※上記は車検のある年の年間維持費となります。

・プリウスとXVハイブリッドの燃費と維持費を比較!

まず、プリウスとXVハイブリッドの燃費を比較してみると、燃費性能は圧倒的に「プリウス」が優れています。

残念ながら、XVハイブリッドは通常のガソリン車程度の燃費性能しか発揮することができず、あくまで”スバル車の中では燃費がいい”ということになります。

ですが、ボクサーエンジンという燃費性能を発揮しにくいエンジンでありながら、JC08モードの場合は20km/L近い燃費を発揮します。

プリウスは言うまでもなく、乗用車の中ではダントツの燃費性能ですので、この数値を超えられる乗用車は現在のところほぼないでしょう。

また、維持費に関してはユーザーの使用状況によりかなり左右されるものですので、紹介した金額は平均金額となります。

年間にかかる維持費も、比較すると「プリウス」の方が安く済む傾向にあります。

やはり、燃費性能が大きく影響しているようですね。

プリウスは社外部品などもかなり充実しているので、工夫次第でメンテナンス費用も節約できるのが魅力です。

一方でスバル車は、XVハイブリッドに限らず若干維持費が高めなのが特徴です。

ですが、国産車ですので通常の乗用車程度の維持費と想定しておいて問題ないでしょう。

こうして比較してみるとわかるように、プリウスは環境にもお財布にも優しい仕様となっているので、引き続き人気車種として上位にランクインすること間違いありません。

あとがき

いかがでしたか?

今回は、プリウスとXVハイブリッドの様々な比較を紹介させていただきました。

どちらも同じハイブリッド車ではありますが、全く異なった特徴を持っていることがわかりましたね。

XVハイブリッドはプリウスと比較すると、どうしても性能が劣るように思えますが、スバル車としては先進技術が盛り込まれたスペックの高い車なのです。

これからのモデルチェンジにも期待ができる、実はとてもおすすめの車です。

プリウスは素晴らしい燃費性能ですが、所有するユーザーも多い為、個性に欠けると思う方も多いようです。

どちらも良いところ、悪いところはあるものの総合的には質の高い車です。

燃費を重視するか。

個性を重視するか。

迷われている方は、そんな視点から決めてしまっても良いのかもしれません。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる裏技

新車の購入を検討している方へ、
ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのを、
ご存知ですか。

車を最安で買いたい
という方は知っておいて損はないです。
また、車を一番高い相場値で売りたい
という方にもおすすめです。

➡︎新車が値引き金額から更に 50万円安くなる方法

スポンサードリンク


 

-トヨタ, ライバル車比較, プリウス

Copyright© CAR-BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.