トヨタ ホンダ グレイス ライバル車比較 プリウス

プリウスVSホンダグレイス!どっちがいいか比較してみた。

更新日:

プリウスとホンダグレイスは、どちらもハイブリッド車が売りのライバル車ともいえる車種です。

プリウスの人気が圧倒的に強く、ホンダグレイスはなかなか話題に挙がることがないのですが、実は優れた燃費性能を持った車なのです。

そこで今回は、プリウスとホンダグレイスの価格や乗り心地、燃費などを比較していきます。

ライバル車である2車種は、果たしてどちらの方が優れた性能を持っているのでしょうか。

プリウスとホンダグレイスの様々な比較を紹介していきます。

スポンサードリンク

プリウスVSホンダグレイス!価格はどっちが高い?

まずはじめに、プリウスとホンダグレイスの車体価格を比較します。

ライバル車だけあって、エクステリアの雰囲気は似ている2車種ですが、価格はどちらが高いのでしょうか。

それぞれの車体価格を見ていきましょう。

・プリウスの車体価格

Aプレミアム”ツーリングセレクション” ¥3,284,280~
Aプレミアム ¥3,175,200~
A”ツーリングセレクション” ¥3,006,720~
A ¥2,842,560~
S”ツーリングセレクション” ¥2,732,400~
S ¥2,565,000~
E ¥2,518,560~

・ホンダグレイスの車体価格

HYBRID LX・Honda SENCING ¥2,236,680~
HYBRID LX・Honda SENCING 特別仕様車ブラックスタイル ¥2,296,080~
HYBRID EX・Honda SENCING ¥2,353,320~
HYBRID EX・Honda SENCING特別仕様車ブラックスタイル ¥2,385,720~

・プリウスとホンダグレイスの車体価格を比較!

プリウスとホンダグレイスの価格を比較すると、200万円台で購入できるホンダグレイスに対し、プリウスは300万円台のグレードがおよそ半分を占めています。

このことから、車体価格はどちらかというと「プリウス」の方が高いといえます。

ですが、ほとんどの方がオプション等を付けることになると思うので、トータル金額はプリウスもホンダグレイスもあまり変わらないことが多いでしょう。

車体価格はプリウスの方が高いですが、車内の質感はどちらも似ており、シンプルながら充実の装備が付いています。

スポンサードリンク

プリウスVSホンダグレイス!乗り心地や大きさの比較

続いて、プリウスとホンダグレイスの乗り心地や大きさを紹介します。

プリウスとホンダグレイスはどちらの方がボディサイズが大きいのでしょうか?

また、乗り心地はどのくらい違うのかも気になりますよね。

2車種の比較を紹介していきます。

・プリウスの大きさと乗り心地

【大きさ】

  • 全長:4,575mm
  • 全幅:1,760mm
  • 全高:1,470mm

【乗り心地】

プリウスの乗り心地は、燃費性能に考慮しながらもスムーズな加速感とスポーティな走りが特徴です。

ボディサイズは、初心者の方や女性の方にも運転がしやすく、疲れにくいドライビングポジションを実現しています。

「TNGA」という最新の技術を採用することにより、低重心のボディで安定した操縦性と気持ちのいいハンドリングが可能です。

荒れた路面やコーナリングもショックの少ないサスペンションのおかげで乗り心地はとても快適です。

更に剛性アップも施され、静粛性能と安全性も抜かりなく追求されています。

全体的に偏りのないオールラウンドに優れた乗り心地と性能を持ち合わせているのが、プリウスの魅力なのです。

・ホンダグレイスの大きさと乗り心地

【大きさ】

  • 全長:4,450mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,500mm

【乗り心地】

ホンダグレイスは、「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載することにより、スポーティな走りを実現しています。

スイッチを押すだけで、スポーツモードに切り替わり、エンジンのトルクを活かした走りが可能です。

セダンならではの上質な乗り心地と高剛性ボディが追求され、走行安定性と操縦安定性がしっかりと両立されています。

音の侵入経路を断ち、静粛性もアップさせているので、同乗者も不快を感じにくい車内となっているのです。

ボディサイズはプリウスとほぼ変わらず、低重心でありながら運転がしやすいのが特徴です。

スポンサードリンク

プリウスVSホンダグレイス!燃費や維持費はどっちが安い?

 

最後に、プリウスとホンダグレイスの燃費や維持費を紹介します。

燃費と維持費は、車を所有するととても重要な部分ですよね。

プリウスとホンダグレイスは、どちらの方が安いのかを見ていきましょう。

・プリウスの燃費と維持費

【燃費】

  • 34.0~39.0km/L

【維持費】

自動車税 1.8L:¥39,500
ガソリン代 約¥40,000~¥100,000
車検 約¥50,000~¥90,000
任意保険(車両保険あり) 約¥50,000~¥100,000
メンテナンス費用(オイル、タイヤ、バッテリー交換など) 約¥10,000~¥50,000
その他費用(駐車場代、重量税) 約¥30,000~¥100,000
合計 平均約¥180,000~¥440,000

※上記は車検のある年の年間維持費となります。

・ホンダグレイスの燃費と維持費

【燃費】

  • 29.6~34.8km/L

【維持費】

自動車税 1.5L:¥34,500
ガソリン代 約¥50,000~¥110,000
車検 約¥100,000
任意保険(車両保険あり) 約¥50,000~¥100,000
メンテナンス費用(オイル、タイヤ、バッテリー交換など) 約¥10,000~¥50,000
その他費用(駐車場代、重量税) 約¥30,000~¥100,000
合計 平均約¥250,000~¥450,000

※上記は車検のある年の年間維持費となります。

・プリウスとホンダグレイスの燃費と維持費を比較!

プリウスとホンダグレイスの燃費を比較すると、燃費性能は「プリウス」の方が優れているということがわかりました。

プリウスは本当に燃費性能が優秀で、乗用車の中でもプリウスよりも燃費がいい車は今のところほぼないでしょう。

実燃費もカタログ値に近い数値をキープしてくれるので、評判の良さはユーザーからもお墨付きです。

「燃費」をとにかく重視するのであれば、プリウスを選んで損はありません。

また、ホンダグレイスもプリウスには及ばないものの、燃費はとても優れているので、燃費と車体価格の安さも重視するならホンダグレイスがおすすめです。

維持費に関しては、あくまで平均の金額となりますので一概にはいえませんが、プリウスもホンダグレイスも「ほとんど変わらない」ようです。

乗用車としては、とてもコストパフォーマンスに優れている2車種ですので、ハイブリッド車の魅力を知るには十分な車です。

あとがき

いかがでしたか?

今回は、プリウスとホンダグレイスの比較を紹介させていただきました。

どちらもハイブリッド車として重要な燃費性能はとても優れていますが、やはりプリウスの燃費は改めて凄いと感じられますね。

プリウスよりも認知度が低いホンダグレイスですが、実はプリウスに負けないスペックであることもわかりました。

また、どちらも維持費が一般的なガソリン車よりも安く抑えられるので、ユーザーにとってはとても助かります。

どちらにしようか迷った際は、デザインやメーカーの好み、値引き率で決めるのもいいでしょう。

ハイブリッド車としてはどちらも優秀な車ですので、ハイブリッド車の購入を検討されている方は、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか?

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる裏技

新車の購入を検討している方へ、
ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのを、
ご存知ですか。

車を最安で買いたい
という方は知っておいて損はないです。
また、車を一番高い相場値で売りたい
という方にもおすすめです。

➡︎新車が値引き金額から更に 50万円安くなる方法

スポンサードリンク


 

-トヨタ, ホンダ, グレイス, ライバル車比較, プリウス

Copyright© CAR-BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.