レヴォーグ スバル

【スバル・レヴォーグ】の安全性は?自動ブレーキに横滑り防止機能についても

更新日:

愛車の最高の査定額を知る方法

車の下取り、査定を考えている方、

最高価格で売るためにはコツがあります。

ディーラー下取りはメチャクチャ損しますよ!

本当に賢い査定方法をご紹介します。

車を楽に最高値で売るためには?下取りの手引き

 

車を買うとき、デザインやインテリアの質感、走行性能など重視するポイントは人それぞれかと思います。

最近は安全性に力を入れているクルマが多くなり、車を買ううえで安全性能を最も重視している方は多いのではないでしょうか?

もちろんスバルレヴォーグの購入を検討している方の中にも安全性を気にされている方はいるでしょう、。

そこで今回は、スバルレヴォーグの安全性について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

【スバル・レヴォーグ】は運転しやすい?運転しにくい?

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

車の運転に苦手意識を持っている人も多いかと思います。

そういった人が新車を選ぶ際、重要視しているのは運転しやすいクルマかどうかではないでしょうか?

スバルレヴォーグは運転しやすいのか?それとも運転しにくいのか?

レヴォーグは良好な視界&視認性が高い

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

運転しやすいクルマの条件の一つに

  • 視界が良いこと
  • 視認性が高いこと

この2つが挙げられます。

視界が良ければ、ドライバーはいち早く危険に気づくことができるからです。

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

前方視界を邪魔するものの代表として、フロントガラス横にあるピラーがあります。

これのおかげで右斜め前と左斜め前の視界が遮られ見えにくくなります

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

レヴォーグでは、前後左右どの窓からでも1m程度の高さのものを確認できるように設計されています

視界を妨げない位置にピラーが設置されていますし、死角になりやすいボディとミラーの間は三角窓を設けています。

このように、レヴォーグではピラー形状を最適化し可能な限り死角を減らしています

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

運転が苦手な人にとって特に不安なのが夜間の走行ではないでしょうか?

昼間とは打って変わって、席の見通しが悪くなり運転しにくくなります。

レヴォーグには、夜間で安全に運転できるための装備が備わっています。

それが「LEDハイ&ロービームランプ」「ステアリング連動ヘッドランプ」です。

LEDハイ&ロービームランプは、1灯でハイビームとロービームを切り替える機構で、しかもハイビームにもLEDを使用することで夜間の視認性を向上させています

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

ヘッドランプは、ステアリング操作に連動しているので、クルマの進行方向の先をしっかりと照らしてくれるので、歩行者や車両をいち早く認識することができます。

正しいドライビングポジションで正確にクルマを操れる

スバルレヴォーグは、正しいドライビングポジションを自然に行うことができ、安全性だけでなく快適性も向上させてくれます

常に正しいドライビングポジションでいれば、より正確にレヴォーグを操ることができ、万が一の回避行動もしやすくなります。

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

レヴォーグに採用されるシートは、人間工学に基づき細部にまで気を配っています。

乗員の体重をバランスよく受け止め、運転中も身体をしっかりと支えます。

路面からの衝撃を吸収する程よい柔らかさと適度な硬さで、疲労を軽減します。

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

レヴォーグのステアリングは、上下前後に位置調整が可能です。

運転しやすい最適なドライビングポジションにより、走行安全性を高めてくれます。

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

運転中はカーナビを確認したり空調を調整するなど、運転の意識が散漫になることがあります。

これを防ぐために、レヴォーグは使いやすさに配慮した周辺機器等の配置にもこだわっています。

たとえば、マルチインフォメーションディスプレイとナビ画面はメーターと同じ高さに設置し、視線移動を極限まで軽減させる設計に

オーディオや空調は手が届きやすく操作しやすい位置に集中させています。

目視しなくても直感的に操作できるように、スイッチを大きめにするなど形状にも配慮されています。

レヴォーグは安全運転のために考え抜かれている

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

以上のように、スバルレヴォーグはドライバーが運転しやすくなおかつ安全なドライブのために、考え抜かれた形に設計されています。

実際に試乗されたユーザーやオーナーからは、

「視界が広い」

「死角が少なくて安心」

「長時間運転でも疲れにくい」

などと高い評価を得ています。

スバルレヴォーグは、ドライバーのために運転しやすい設計の車と言えます。

スポンサードリンク

【スバル・レヴォーグ】の安全性と自動ブレーキ

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

レヴォーグはサポカーSワイドに該当

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

スバルレヴォーグはサポカーSワイドに該当する安全性の高いクルマです。

サポカーとは自動ブレーキ搭載の車のことを言い、高齢運転者による事故を防止するための一つの策として、政府が自動ブレーキ搭載車にサポカーの名称を付けました。

サポカーは大きく分けて2種類あります。

  • サポカー:自動ブレーキ搭載車
  • サポカーS:自動ブレーキ+ペダル踏み間違い防止制御装置搭載車

サポカーSに該当する車のほうがより安全性能は優れているということです。

引用:https://response.jp/article/2017/07/04/296945.html

サポカーSは、搭載する先進安全装備の種類によって更に3種類に区分されます。

サポカーSベーシック 対車両の低速自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時の加速発進抑制装置
サポカーSベーシック+(プラス) 対車両の自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時の加速発進抑制装置
サポカーSワイド 対歩行者の自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時の加速発進抑制装置+車線逸脱警報+先進ライト

言わずもがなですが、サポカーSワイドがもっとも安全性能が高いです。

そして、スバルレヴォーグはサポカーSワイドに該当するクルマなのです。

レヴォーグの自動ブレーキの性能はどう?

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

スバルレヴォーグには自動ブレーキが備わっています。

名称は「プリクラッシュブレーキ」です。

プリクラッシュブレーキは、運転支援システム「アイサイト」がサポートします。

レヴォーグに搭載されるアイサイトはver.3となり、主な制御はカメラがメインで行います。

これは日産車と同じ仕組みですが、違いは単眼カメラではなくステレオカメラという点です。

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

スバルアイサイトが市場に導入されたのは2008年、既に10年もの間使用され、バージョンアップも行われています。

他メーカーではカメラ+レーダーを取り入れて精度を向上させていますが、アイサイトはずっとカメラのみの制御にこだわってきています

レーダーを併用したほうが精度は良さそうに思えますが、実はカメラのみの制御でも自動ブレーキの性能は高いです。

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

そのことを裏付けるのが、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が2017年度に行った安全性能評価試験「予防安全性能アセスメント」でのアイサイトの評価です。

アイサイトver.3は、この予防安全性能アセスメントで最高ランクを獲得しています

アイサイトの予防安全性能は高く評価されており「予防安全性能評価 ASV++」を獲得するにまで至りました。

自動ブレーキの性能を評価する「被害軽減ブレーキ試験」では満点を獲得しており、レヴォーグの自動ブレーキ性能は業界からお墨付きと言えます。

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

では、レヴォーグの自動ブレーキの性能についてご紹介します。

レヴォーグの自動ブレーキは、次の流れで作動します。

  1. ドライバーに注意喚起
  2. 警報ブレーキ制御
  3. 危険回避

システムの第一段階として、追突の危険があると判断した場合は警報と警告表示でドライバーに注意喚起します

次に、ドライバーがブレーキをかける、またはハンドルを切るなどの回避操作を行わなかった場合は、弱い自動ブレーキを作動させ再度ドライバーに注意喚起します

警報ブレーキ制御でもドライバーに回避操作しなかった場合は、強い自動ブレーキを作動させ、回避または被害の軽減を行います

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

レヴォーグの自動ブレーキが作動する条件は、

  • 前方車両との速度差:約50km/h以下
  • 前方歩行者との速度差:約35km/h以下

このようになります。

ただし、この条件は一つの目安であり、状況によってはプリクラッシュブレーキが作動しないこともあります。

スポンサードリンク

【スバル・レヴォーグ】の横滑り防止機能

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

雨や雪の降る日にレヴォーグを走らせるのは誰しも不安なもの。

特に、カーブを曲がるときは「滑ってしまわないか」心配になりますよね。

そういった時に備わっていると安心なのが横滑り防止機能です。

レヴォーグには横滑り防止をサポートする「VDC」「アクティブトルクベクタリング」が備わっています。

レヴォーグのVDCとは

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

VDCは、カーブ走行時にレヴォーグが滑り出しそうになった時に力を発揮します。

クルマの走行状態をセンサーによって常に検知しており、VDCが理想の走りに近づけるようにアシストをしてくれます。

制御が限界に達しそうになったときは、車輪それぞれがブレーキ制御し、AWDトルク配分制御を行ってレヴォーグが横滑りするのを抑えてくれます。

レヴォーグのアクティブトルクベクタリングとは

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

アクティブトルクベクタリングは、コーナリング性能と危険回避性能を向上させる機能です。

カーブ走行時、VDCによって車両の前方内側をブレーキ制御させることで外側の車輪の駆動力を大きくします。

これによって、車両が外へ膨らむのを抑え、スムーズかつ安定した状態でカーブを曲がり切ることができるようにアシストしてくれます。

あとがき

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

スバルレヴォーグは、運転しやすく安全性に配慮されたクルマです。

運転支援システムアイサイトによって、より高いレベルで安全性能を発揮し、ドライバーと乗員、車両、そして歩行者を危険から守ります。

安全装備の一つである自動ブレーキも全車標準装備しており、予防安全性能アセスメントでは満点を獲得するほどの性能を持っています。

もちろん、機能を過信するのは危険ですが、万が一のことを考えると、安全性能の高い機能と装備を備えているレヴォーグは魅力的ですよね。

記事を閲覧いただきありがとうございました。
本サイトには車に関する多くの記事ストックがありますので、閲覧いただければ幸いです。
読者の方のお役に立つ情報があるかもしれません。

パソコンで閲覧されている方は、記事面の右にカテゴリーの窓がございますので、そこから興味のある車種、話題等を閲覧可能です。

スマートフォンの方は、本記事を下にスクロールいただくと、カテゴリー窓がありますので、そちらから検索いただければと思います。

また、この少し下に青い車種名などが書いてある部分がありますので、そちらをクリックすることでも閲覧は可能です。〈関連記事の表記のすぐ上です〉

 

強力!新車が値引き金額から更に 20 万円安くなる裏技

新車の購入を検討している方へ。
ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのをご存知でしょうか。

興味がある方の参考になれば幸いです。

➡︎新車が値引き金額から更に 20万円安くなる方法

スポンサードリンク


 

-レヴォーグ, スバル
-, , ,

Copyright© CAR-BLOG1176 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.