トヨタ・プリウス

プリウスVSアクア!どっちがいいか比較してみた。

更新日:

プリウスとアクアは、同じトヨタのハイブリッド車として、高い人気を誇る車です。

どちらも燃費性能にとても優れており、約10年近くトヨタの代表的な車として確立しています。

その魅力は一体何なのでしょうか?

今回は、プリウスとアクアの比較を紹介してみました。

プリウスVSアクア!価格はどっちが高い?

まずは、プリウスとアクアの価格をグレード別に紹介します。

それぞれの価格を比較して、どちらの方が高いのかを見ていきましょう。

・プリウスの価格

Aプレミアム”ツーリングセレクション” ¥3,284,280~
Aプレミアム ¥3,175,200~
A”ツーリングセレクション” ¥3,006,720~
A ¥2,842,560~
S”ツーリングセレクション” ¥2,732,400~
S ¥2,565,000~
E ¥2,518,560~

・アクアの価格

特別仕様車 Crossover"Glam" ¥2,123,280
特別仕様車S"Style Black" ¥1,979,640
Crossover ¥2,052,000~
G/G”ソフトレザーコレクション” ¥2,052,000~
S ¥1,886,760~
L ¥1,785,240~

・プリウスとアクアの価格について

プリウスとアクアの価格を比較すると、100~200万円台がメインのアクアに対し、200~300万円台がメインであるプリウスの方が価格が高いということがわかりました。

どちらも優れた性能を持っていますが総合的に考慮すると、質はプリウスの方が高く、そのような質の高さが価格に反映されているのでしょう。

コストパフォーマンスとコンパクトさを重視したい方は「アクア」、アクアよりも質の高いハイブリッド車を求める方は「プリウス」がおすすめです。

プリウスVSアクア!乗り心地や大きさの比較

続いて、プリウスとアクアの乗り心地と大きさについて紹介します。

見た目からでも大きさが異なるのはわかりますが、どのくらい違うのでしょうか?

また、乗り心地についても、どのような違いはあるのでしょうか?

それぞれの特徴を見ていきましょう。

・プリウスの乗り心地と大きさ

【大きさ】

  • 全長:4,575mm
  • 全幅:1,760mm
  • 全高:1,470mm

【乗り心地】

プリウスの乗り心地は、低燃費を重視していることはもちろん、発進した瞬間から車が素直に反応する走行フィーリングが追求されています。

気持ちのいい加速と優れた静粛性が魅力です。

1.8Lとは思えないほどの走りも特徴で、走りの楽しさを感じることができます。

「ハイブリッドは車らしくない」というイメージを持っている方も多いですが、実際にプリウスを運転してみると、考えを新たにされる方も多いようです。

ハイブリッド車はガソリン車とは違った良さがある事も事実だと思います。

また、ボディ剛性も新型プリウスから更に強化し、スポーツカーのような走りを実現しています。

ショックを軽減するサスペンション(ダブルウィッシュボーン式)を採用し、悪路でも衝撃を吸収し、乗り心地の良さに貢献しています。

・アクアの乗り心地と大きさ

【大きさ】

  • 全長:4,050mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,455mm

【乗り心地】

大きさはプリウスよりもかなりコンパクトになりますが、燃費とパワーはプリウスに負けない実力の持ち主です。

エンジンなどの重量物を可能な限り中央に配置することで、高度な操縦安定性を実現しています。

プリウス同様に高剛性ボディを採用し、コーナーなどの安定感もあり、乗り心地を向上させています。

更に静粛性を高め、振動対策も施され、コンパクトカーとは思えない質の高さが魅力です。

女性や運転が不慣れな方にも安心できるボディサイズで、軽自動車に近い感覚で運転が可能です。

プリウスVSアクア!燃費や維持費はどっちが安い?

最後に、プリウスとアクアの燃費と維持費を紹介します。

どちらも燃費性能が優れている為、お財布に優しい車といえそうですが実際はどちらの方が安いのでしょうか?

両車種の燃費と、概算維持費を紹介しますので、購入を検討されている方は参考にしてみてくださいね。

・プリウスの燃費と維持費

【燃費】

  • 34.0~39.0km/L

【維持費】

自動車税 1.8L:¥39,500
ガソリン代 約¥40,000~¥100,000
車検 約¥50,000~¥90,000
任意保険(車両保険あり) 約¥50,000~¥100,000
メンテナンス費用(オイル、タイヤ、バッテリー交換など) 約¥10,000~¥50,000
その他費用(駐車場代、重量税) 約¥30,000~¥100,000
合計 平均約¥180,000~¥440,000

※上記は車検のある年の年間維持費となります。

・アクアの燃費と維持費

【燃費】

  • 34.4~38.0km/L

【維持費】

自動車税 1.5L:¥34,500
ガソリン代 約¥40,000~¥100,000
車検 約¥50,000~¥80,000
任意保険(車両保険あり) 約¥40,000~¥80,000
メンテナンス費用(オイル、タイヤ、バッテリー交換など) 約¥10,000~¥50,000
その他費用(駐車場代、重量税) 約¥30,000~¥100,000
合計 平均約¥180,000~¥400,000

※上記は車検のある年の年間維持費となります。

・プリウスとアクアの維持費が安いのは?

紹介した表を参考にすると、プリウスとアクアの年間にかかる維持費は「ほとんど変わらない」といえます。

維持費はあくまで平均値ですので、合計金額よりも安く済むことも、高くなってしまう事もありますのでご注意ください。

プリウスもアクアも、年間維持費が最低10万円台で済む車はとても少なく、他の乗用車よりもコストパフォーマンスがかなり高いです。

また、燃費面はどちらも高い数値ではありますが、どちらかというと「プリウス」の方が優れています。

実燃費は短距離走行でも20km/L以上をキープできることが多く、高速道路での走行は、カタログ値よりも遥かに高い燃費を発揮することができます。

チョイ乗り走行でも15km/L程の燃費なので、燃料代は燃費10km/L程の乗用車と比較すると、半分程度で済みます。

軽自動車も十分に優れている昨今ですが、プリウスとアクアは軽自動車以上の満足度が得られるのではないでしょうか。

環境にもお財布にも優しい2台といえますね。

あとがき

いかがでしたか?

今回は、プリウスとアクアの様々な比較を紹介させていただきました。

プリウスとアクアは、燃費性能だけに特化してるわけではなく、パワーや乗り心地、更には維持費も魅力的であるといえます。

さすが、トヨタが力を入れている車だけあります。

一方で、「ハイブリッド車は個性に欠ける」、「運転する楽しさが半減する」などの厳しい意見が多くあるのも事実です。

ですが、プリウスやアクアは確立された良さがあるので、実際に運転してみると「これはこれで良い!」と受け入れられる方が多いのです。

ガソリン車とは違った、新しい「運転する楽しさ」を実感できるはずです。

まだハイブリッド車を体感していない方は、プリウスまたはアクアの試乗をしてみるのもアリだと思いますよ。

-トヨタ・プリウス

Copyright© BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.