トヨタ アルファード 下取り

アルファードの下取り価格は高い?新型やグレード別に紹介。

投稿日:

愛車の最高の査定額を知る方法

車の下取り、査定を考えている方、

最高価格で売るためにはコツがあります。

ディーラー下取りはメチャクチャ損しますよ!

本当に賢い査定方法をご紹介します。

車を楽に最高値で売るためには?下取りの手引き

 

アルファードに乗るなら、乗り換え時の下取り価格も視野に入れて購入する方が多いのではないでしょうか?

アルファードは人気車種で、中古車でも需要が高く、下取り価格も高くなる傾向にあるようです。

そこで今回は、アルファードの下取り価格について詳しく紹介します。

アルファードをこれから下取りしてみようと思っている方は、今後の参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

アルファードの下取り価格相場は高い?

まずは、アルファードの下取り価格相場はどのくらいなのかを紹介します。

人気車種であることから、下取り価格は高いとの噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

アルファードの下取り価格相場について紹介します。

・アルファードの下取り価格相場について

5年~10年落ちのアルファーの下取り価格は、グレードや車種の状態にもよりますが「80~200万円程」で買い取りされていることがほとんどです。

車の状態に大きく左右されるので一概にはいえませんが、比較的下取り価格は高いといえるでしょう。

5年~10年経つと、どの車もモデルチェンジが行われていくので、型落ちとなってしまいます。

5年以上前の車種であると、価値はグンと下がってしまうので、下取り価格を気にする方は下取りの時期に注意が必要です。

また、走行距離数も大きく影響され、年数問わず8万キロ以上走行してしまっているアルファードは、グレードが上級であっても下取り価格はかなり下がってしまう傾向にあります。

5年以上前のアルファードでは、3500ccよりも2500ccのグレードの方が維持費が安く人気ですので、下取り価格は「2500cc」の方が高くなっています。

・型落ちのアルファードを高く売るコツ!

せっかくアルファードを下取りに出すなら、少しでも高く売りたいですよね。

5年以上乗り続けているアルファードを下取りに出す場合は、下記のようなことを心掛けて車の価値を下げないようにしましょう。

  • 事故をしない、または車をのボディにキズをつけない
  • 故障している、破損している部分がないか確認する(すぐに直せる場所は直してから下取りに出す)
  • 社外部品や社外カスタムパーツはなるべく付けない(付いている場合は、可能であれば純正状態に戻す)
  • 査定業者はディーラー以外でも、複数依頼する

このように、可能な限りキズを付けないことを心掛けたり、破損部品を直すだけで価値が下がってしまう事を防ぐことができます。

また、社外品のエアロパーツを取り付けた個性的すぎるアルファードは査定額が下がってしまうので、下取りに出す際はできるだけ純正状態に戻しましょう。

査定はディーラーの場合、下取り相場価格よりもかなり下回るケースが多いので、査定専門業者にも依頼することをおすすめします。

スポンサードリンク

新型アルファードの下取り価格は?

続いて、「新型アルファード」の下取り価格について紹介します。

一般的には「30系 アルファード」などと呼ばれている新型アルファードですが、この数年で爆発的な人気車種となりました。

そんな人気の新型アルファードの下取り価格を見ていきましょう。

・新型アルファードの下取り価格について

新型アルファードの下取り価格は、こちらもグレードや状態にもよりますが、「200~300万円台」で多くが買い取りされています。

人気車種であることから、下取り価格は「とても高い」といえます。

特に車体価格が高価なハイブリッド車グレードは下取り価格が高く、新車でハイブリッド車のアルファードを断念したユーザーから需要があるようです。

また、ガソリン車では特に「S”Cパッケージ”」が人気で、こちらも下取り価格が高い傾向にあります。

更にカラーではオプションである「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」や「ブラック」の人気が特に高く、下取り価格も他のカラーよりも高くなります。

グレードだけではなく、ボディカラーも下取り価格に左右されるということがわかりますね。

・新型アルファードを下取りするおすすめの時期!

30系新型アルファードはとても需要の高い車種ですので、基本的にどの時期に下取りを行っても高いでしょう。

ですが、普段よりもより高く満足のいく金額で買い取ってもらうには、「1~3月」または「9~10月」がおすすめです。

車を購入する方が非常に多い時期となり、中古車ディーラーとしても在庫を持っておきたい時期なのです。

そうすると、多少金額を上乗せしても良い車を買い取りたいということになるので、30系新型アルファードがより高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

おすすめの時期と、そうでない時期では、10万円以上も下取り価格が変わることも少なくありません。

ですが、これはあくまで狙い目というだけであって、必ず下取り価格がアップするというわけではありませんのでご注意ください。

それでも試してみる価値はじゅうぶんにあります。

新型アルファード以外の車にもいえることなので、車を下取りに出す際はこの1~3月または9~10月に行ってみてくださいね。

スポンサードリンク

グレードによる差はどれくらいある?

最後に、アルファードの下取り価格はグレードによってどれくらいの差があるのかを紹介します。

あくまで一例にはなりますが、今後アルファードを下取りに出す際の参考にしてみてくださいね。

・グレード別下取り相場価格を紹介!

一部にはなりますが、30系新型アルファードの特に人気なグレードの下取り相場価格は、下記の通りです。

グレード 車体価格 走行距離 下取り価格
2.5 S"Cパッケージ" ¥4,383,720~ 1~2万km ¥3,300,000~¥4,500,000
2.5 S ¥3,714,120~ 1~3万km ¥3,000,000~¥3,500,000
2.5 HYBRID SR"Cパッケージ" ¥5,695,920~ 1~4万km ¥3,900,000~¥4,800,000
2.5 HYBRID SR ¥5,139,000~ 1~3万km ¥3,900,000~¥4,300,000

※上記下取り価格は実際の査定額と大きく差がでることもあります。

このように、30系新型アルファードはかなり高価で買い取りしてくれることがわかりますね。

グレードが上級であればその分下取り価格も上がりますが、実際にアルファードで需要が多いのは「ガソリン車」です。

アルファードはハイブリッド車よりも価格が抑えられた「ガソリン車」の方が人気で、下取り価格もハイブリッド車に負けないくらい高いのです。

よって、車種の状態やグレードで違いはありますが、ハイブリッド車とガソリン車のアルファードの下取り価格の差は10~30万円程度と予想されます。

あとがき

いかがでしたか?今回は、アルファードの下取り価格について紹介させていただきました。

アルファードは旧型も新型も、比較的需要があることから下取り価格が高いということがわかりましたね。

新型アルファードに関しては、新車の車体価格と大きな差がないくらいのとても高い下取り価格という結果になりました。

アルファードを下取りに出す場合は、紹介したようなおすすめな時期を目安に、査定業者に依頼することをおすすめします。

また、下取り価格を少しでも高くしたいという方は、日頃から愛車を大事にメンテナンスしながら乗ってあげるといいでしょう。

乗り替え時や手放す際は、今回の紹介を参考にしてみてくださいね。

記事を閲覧いただきありがとうございました。
本サイトには車に関する多くの記事ストックがありますので、閲覧いただければ幸いです。
読者の方のお役に立つ情報があるかもしれません。

パソコンで閲覧されている方は、記事面の右にカテゴリーの窓がございますので、そこから興味のある車種、話題等を閲覧可能です。

スマートフォンの方は、本記事を下にスクロールいただくと、カテゴリー窓がありますので、そちらから検索いただければと思います。

また、この少し下に青い車種名などが書いてある部分がありますので、そちらをクリックすることでも閲覧は可能です。〈関連記事の表記のすぐ上です〉

 

強力!新車が値引き金額から更に 20 万円安くなる裏技

新車の購入を検討している方へ。
ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのをご存知でしょうか。

興味がある方の参考になれば幸いです。

➡︎新車が値引き金額から更に 20万円安くなる方法

スポンサードリンク


 

-トヨタ, アルファード, 下取り

Copyright© CAR-BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.