トヨタ・アルファード

アルファードVSホンダオデッセイ!どっちがいいか比較してみた。

更新日:

アルファードとオデッセイは、他社メーカーの車ではあるもののスポーティで質の高い車であることが魅力です。

メーカーの好みで購入を決めてしまう方も多いかもしれませんが、あまり興味のない車種も様々な視点から見てみると、実はとても魅力的な部分や興味深い部分があったりするのです。

ミニバンの購入で悩んでいる皆さん、ぜひアルファードとオデッセイの特徴も見逃さずにチェックしてみてはいかがでしょうか?

今回は、ミニバンでも人気車種なアルファードとオデッセイを比較しながら価格や乗り心地、燃費などをご紹介します。

ぜひ購入の参考にしてみてください。


スポンサードリンク

アルファードVSホンダオデッセイ!価格はどっちが高い?

ライバル車である2車種ではありますが、高級感あるエクステリアとインテリアでコンセプトはとても似ています。

アルファードとオデッセイそれぞれの価格をまず比較していきます。

・アルファード(標準ボディ)の車体価格

HYBRID Executive Lounge ¥7,352,640
HYBRID G"F"パッケージ ¥5,551,200
HYBRID G ¥4,997,160
HYBRID X ¥4,384,800
Executive Lounge ¥7,028,640
GF ¥4,652,000
G ¥4,206,600
X ¥3,376,080

・オデッセイの車体価格

HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENCING ¥4,150,000
HYBRID ABSOLUTE・Honda SENCING ¥3,936,400(7人乗り)
HYBRID ABSOLUTE・Honda SENCING ¥3,850,000(8人乗り)
HYBRID・Honda SENCING ¥3,836,400(7人乗り)
HYBRID・Honda SENCING ¥3,750,000(8人乗り)
ABSOLUTE・EX Honda SENCING ¥3,540,000(7人乗り)
ABSOLUTE・Honda SENCING ¥3,326,400(7人乗り)
ABSOLUTE・Honda SENCING ¥3,240,000(8人乗り)
G・AERO Honda SENCING ¥3,066,400(7人乗り)
G・AERO Honda SENCING ¥2,980,000(8人乗り)

・アルファードとオデッセイの価格比較

アルファードの車体価格は、一番下のグレード「X」を除き、全てが400万円台なのに対し、オデッセイは300万円台の車体価格がメインとなっています。

この事から、車体価格は「アルファードの方が高い」という事が分かります。

アルファードはグレードによって価格差が激しく、購入者がかなり絞られた車になりますが、オデッセイはどのグレードも価格差がそこまでなく、比較的手の出しやすい金額が特徴です。

スポンサードリンク

アルファードVSホンダオデッセイ!乗り心地や大きさの比較

続いて、アルファードとオデッセイそれぞれのサイズと乗り心地をご紹介します。

どちらも大きなボディなので、運転のしやすさや乗り心地はとても重要なポイントですよね。

アルファードとオデッセイの違った特徴でご自身の好みはどちらかを考えてみましょう。

・アルファードの大きさと乗り心地

【サイズ】

  • 全幅:1600mm
  • 全長:4945mm
  • 全高:1935mm

【乗り心地】

アルファードは「ダブルウィッシュボーンリヤサスペンション」という足回りを採用することで、ボディの剛性を更に強化し、静粛性に優れた素材の最適な配置を行っています。

高級車としての上質な走りを実現するとともに、外からの振動や騒音を軽減することで快適な乗り心地を味わうことが出来ます。

まるでミニバンとは思えないほどの安定した走りは、実際にアルファードを購入したユーザーからもとても評価が高いのです。

しかし、ボディがとても大きな3ナンバーサイズとなるので、駐車場で制限があることや運転がしづらいと感じることも多々あるとの声も上がっています。

ですが総合的には乗り心地の評価がかなり高いと言えるでしょう。

・オデッセイの大きさと乗り心地

【サイズ】

  • 全幅:1820mm
  • 全長:4840mm
  • 全高:1695mm

【乗り心地】

オデッセイはスポーティかつしなやかな乗り味が特徴のサスペンションを採用することで、路面状況に応じた安定走行とコーナリング時にも適応出来る足回りを実現しました。

また、低重心なオデッセイは操縦安定性をより高め、ロングドライブでも疲れにくい爽快なドライブフィールが魅力です。

やや固めの乗り心地でしっかりとした足回りは「アルファードよりも好き」と感じる方も多いのではないでしょうか。

ボディサイズはアルファードと比較すると小さめになりますが、小回りが良く効く運転のしやすい車となっています。

アルファードよりは高級感に欠けてしまいますが、後部座席のロングスライドレールやシートの質感は申し分ないクオリティです。

アルファードVSホンダオデッセイ!燃費や維持費はどっちが安い?

最後に、アルファードとオデッセイの燃費と維持費についてご紹介します。

毎日乗る車だからこそ、燃費や維持費などのコスト面というのはとても重要な部分となります。

車は購入後も維持費が掛かるので、年間でどのくらい掛かるのかを見ていきましょう。

・アルファードの燃費と維持費

【燃費】

  • 2.5L(ガソリン)グレード・・・11.6~12.8km/L
  • 3.5L(ガソリン)グレード・・・10.4~10.8km/L
  • 2.5L(モーター)グレード・・・18.4~19.4km/L

2.5L、3.5Lのガソリングレードの燃費はまずまずで、このクラスのミニバンでは平均クラスとなっています。

2.5Lモーターでは、なんと20km/L近い燃費性能を実現し、懐にも優しいアルファードとなっています。

しかし、ハイブリッド仕様のアルファードは車体価格がとても高いので、元を取るのは難しいと言えます。

【維持費】

アルファードの年間に掛かる維持費は平均で約50万円程と言われています。

これはやや高めの維持費となっており、その理由としては”保険料が高い”ことや、”メンテナンス代が割高”なことが考えられます。

保険料は年齢や補償内容にもよるので一概に言えませんが、それでも軽自動車やコンパクトカーと比べると高くなることが考えられます。

また自動車税も高く、2.5Lであれば¥45,000で済みますが、3.5Lになると¥58,000も掛かってしまいます。

”アルファードの維持費は高い”ので、ぜひ車購入後の維持費もしっかりと考慮しておくことが重要です。

・オデッセイの燃費と維持費

【燃費】

  • 2.4L(ガソリン)グレード・・・14.0km/L
  • 2.0L(ハイブリッド)グレード・・・26.0km/L

ガソリンもハイブリッドも、カタログ値の燃費はアルファードよりも高く、実燃費も良いとユーザーからの声が多く上がっています。

このボディサイズにしてはとても燃費性能に優れているので、燃費重視の方は、迷わずオデッセイが適していると言えるでしょう。

【維持費】

保険料やメンテナンス費用でもバラつきがあるものの、オデッセイの年間に掛かる維持費の平均は約35~40万円となっています。

アルファードよりも維持費は安いと言えます。

2.0Lのハイブリッドグレードであれば、自動車税は¥39,500となりとても安くなり、保険料や車検代もアルファードより比較的リーズナブルです。

また、燃費も良いのでガソリン代もアルファードより安く済ませることが出来るでしょう。

ミニバンの中ではコストパフォーマンスに優れた車なので、コンパクトカーに近い感覚で維持することが出来るかもしれません。

あとがき

いかがでしたか?今回はアルファードとオデッセイの比較をご紹介させて頂きました。

今回のご紹介のポイントは下記の通りです。

  • 車体価格はアルファードの方が全体的に高め
  • アルファードは上質な走り、オデッセイはスポーティな走りが特徴
  • 燃費は良く、維持費も比較的安いのはオデッセイ

このようなポイントを押さえ、ミニバンを購入検討する際はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

どちらも魅力のある人気車種なので、気になる方はまず試乗からしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

-トヨタ・アルファード,

Copyright© BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.