人間関係で鬱になったら、職場を変えるべきか。

人間関係で鬱になったら、職場を変えるべきか。

 

大人になったら毎日のように通う職場。

誰でも職場に1人は、苦手な人や嫌いな人が居たりするんじゃないでしょうか。

会いたくないけど、そんな事で仕事を休まずにはいられなかったり、誰にもその事を話せずに自分の中にストレスを溜め込んでしまったり…。

そんな毎日を過ごしてしまったら、いつかは自分が駄目になってしまいます。

 

今現在、職場の人間関係で悩んでいる貴方に読んでいただけたらと思います!

 

 

鬱になるサインは出ていませんか?

 

自分が気付いてないだけで、もしかしたらもう「鬱になる一歩手前」の症状が出ているかもしれません。

気付いてあげるのは自分しか居ません。

よく思い返してみてください。

 

朝から憂鬱で怠かったり、早く寝たはずなのに眠気や疲れが取れなかったり。

それは無理をしている証拠です。

体が職場に行くのを拒否しています。

 

自分の気持ちに体の状態は連動しますので、体調悪くて病院に行っても何も変わった所は見つからなかったりします。

もしその状態がしばらく続いたら、悪化する前に「心療内科」へ行ってみてください。

心療内科は「心の病院」です。

私自身不登校になった時にはお世話になりました。

先生はもちろん皆さんとっても優しくて親切です。

私は受診する日は、担当のカウンセラーさんとカウンセリングを1時間受けてから、先生と最近の自分の状態を報告しました。

誰かと話す事でストレスを発散して、自分の色々な事情を知ってもらえる人が居るだけで気持ちが楽になりました。

心療内科は気持ちが楽になる、自分にとってお守りのような存在でした。

お守りというと些細なイメージをする方も多いかもしれませんが、あるのとないのとではかなり違いますよ。

もし誰にも話せないで症状が続いていたとしたら、心療内科に通う手段も視野に入れておくといいかもしれませんね。

 

 

1番は無理をしない事。

 

人間関係で仕事を変えるなんて甘い!と考える人もいますが、私は時にはその場から逃げる事も大切な場合だってあると思います。

 

ストレスを上手に発散出来る人なら、嫌な人のいる職場でも上手くやり過ごせるでしょう。

逆にストレスを自分に溜めてばかりの人は、そうはいきません。

必ず限界が来てしまいます。

その職場の事を考えるだけで、体が拒否反応していませんか?

その症状がしばらく続いたら、勇気を出して誰かに相談してみてください。

1番悪いのは溜め込む事です。

心の問題の事が通じる職場ならお休みを貰うか、新しい職場を探すのも1つの手段だと思います。

例え、お休みを貰って落ち着いたとしても、また同じ職場に戻る事を忘れないでください。

お休み期間中にストレス発散方法を思いついたり、前より精神状態が強くなれたら無理なく続けられる事でしょう。

その判断は自分にしか分からない事です。

個人的には基本的には無理せず、やっていけないと感じたら、すぐ辞めるべきだと思います。

やっていけない、と感じたら、さっさと辞めて居心地の良い職場を探す方が絶対にいいと思います。

よく自分に問いただしてみてくださいね。

 

あとがき

 

鬱は心の病気です。そう簡単に治るような病気ではありません。

そうなる前に自分でどれだけ防げるかがポイントです。

自分に無理をさせてないか改めてよく考えてみてください。

 

 

人間関係カテゴリの最新記事