トヨタ・プリウス

プリウスVSホンダシャトル!どっちがいいか比較してみた。

投稿日:

プリウスとホンダシャトルは、価格帯や燃費性能、スペックは近しいものがあり、ライバルといって良い関係にあります。

そこで今回は、プリウスとホンダシャトルを比較をまとめてみました。

プリウスVSホンダシャトル!価格はどっちが高い?

まずはじめに、プリウスとホンダシャトルの車体価格を比較します。

新車購入をするなら、やはり価格面はとても重要ですよね。

それぞれの車体価格を比較していきましょう。

・プリウスの価格

Aプレミアム”ツーリングセレクション” ¥3,284,240
Aプレミアム ¥3,175,200
A”ツーリングセレクション” ¥3,006,720
A ¥2,842,560
S”ツーリングセレクション” ¥2,732,400
S ¥2,565,000
E ¥2,518,560

※上記価格は全て2WDです。

・ホンダシャトルの価格

HYBRID Z・Honda SENCING ¥2,559,600
HYBRID X・Honda SENCING ¥2,374,920
HYBRID・Honda SENCING ¥2,118,960
G・Honda SENCING ¥1,775,520

※上記価格は全て2WDです。

・プリウスとホンダシャトルの価格を比較!

プリウスとホンダシャトルの価格を比較してみると、250~300万円台がメインの「プリウス」の方が高いことがわかりました。

プリウスは全てのグレードがハイブリッド車なのに対し、ホンダシャトルは一部ガソリン車も取り扱いがあります。

ハイブリッド車は、ガソリン車よりも価格が約40万円程は少なくともアップしますので、プリウスの価格帯は全体的に高めです。

一方でホンダシャトルは、200万円台でハイブリッド車を購入することができるので、価格重視なら「ホンダシャトル」も視野にいれるといいでしょう。

プリウスVSホンダシャトル!乗り心地に速さや大きさの比較

一見、プリウスとホンダシャトルの大きさはあまり変わらないように見えますが、実際はどちらの方が大きいのでしょうか。

また、乗り心地や速さなどの性能も気になるところです。

続いて、プリウスとホンダシャトルの乗り心地や大きさを紹介します。

・プリウスの乗り心地や大きさ

【大きさ】

  • 全長:4,575mm
  • 全幅:1,760mm
  • 全高:1,470mm

【乗り心地や速さなど】

プリウスは「TNGA」といった技術を採用し、低重心かつスポーティな走りを実現しました。

全体の剛性アップを図り、静粛性や安全性、操縦安定性も総合的に高いクオリティとなっています。

アクセルに対して車が素直に反応する走行フィーリングが追求されており、気持ちのいい加速を体感できます。

乗り心地に関しては、ショックの少ないサスペンションである「ダブルウィッシュボーン式」の採用により、路面からの衝撃を程よく吸収します。

”上質”とまではいかないものの、乗り心地や加速など、全体的に優れたスペックの車であることがわかります。

・ホンダシャトルの乗り心地や大きさ

【大きさ】

  • 全長:4,440mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,545mm

【乗り心地や速さなど】

ホンダシャトルの乗り心地は、振動が小さいときは柔軟に吸収し、大きな動きに対しては減衰力を高める「振幅感応型ダンパー」という足回りを採用しています。

乗り心地と操縦安定性に優れた車が実現されています。

また、ガソリン車は低燃費とスムーズな加速に貢献するCVTを搭載しています。

一方でハイブリッド車は、低燃費はもちろんのことパワフルさとダイレクトな加速感を味わえるエンジンを搭載し、運転する楽しさを感じられます。

プリウスよりも若干ボディの大きさは小ぶりですが、車高はプリウスよりも約750mm高いので、フロントは見晴らしがよく、女性でも運転がしやすいでしょう。

プリウスVSホンダシャトル!燃費や維持費はどっちが安い?

最後に、プリウスとホンダシャトルの燃費と維持費を紹介します、

燃費や維持費は、車を所有する上でも最も重要な部分ともいえますよね。

すこしでも燃費がよく維持費も安ければ、ユーザーとしても嬉しいものです。

維持費に関しては概算になりますが、一年にかかるコストとそれぞれの燃費性能を比較してみました。

・プリウスの燃費と維持費

【燃費】

  • ハイブリッド車:34.0~39.0km/L

【維持費】

自動車税 1.8L:¥39,500
ガソリン代 約¥40,000~¥100,000
車検 約¥50,000~¥90,000
任意保険(車両保険あり) 約¥50,000~¥100,000
メンテナンス費用(オイル、タイヤ、バッテリー交換など) 約¥10,000~¥50,000
その他費用(駐車場代、重量税) 約¥30,000~¥100,000
合計 平均約¥180,000~¥430,000

※上記は車検のある年の年間維持費となります。

・ホンダシャトルの燃費と維持費

【燃費】

  • ガソリン車:19.4~22.0km/L
  • ハイブリッド車:25.2~33.2km/L

【維持費】

自動車税 1.5L:¥34,500
ガソリン代 約¥100,000
車検 約¥50,000~¥100,000
任意保険(車両保険あり) 約¥50,000~¥100,000
メンテナンス費用(オイル、タイヤ、バッテリー交換など) 約¥10,000~¥50,000
その他費用(駐車場代、重量税) 約¥50,000~¥100,000
合計 平均約¥150,000~400,000

※上記は車検のある年の年間維持費となります。

・プリウスとホンダシャトルの燃費と維持費を比較!

プリウスとホンダシャトルの燃費をまず比較してみると、「プリウス」の方が優れているということがわかります。

ハイブリッド車のみの販売で、まさに「ピュアハイブリッド」を貫くプリウスには、燃費性能が優れたホンダシャトルでも敵わないようです。

ですが、ホンダシャトルもこのクラスのコンパクトカーとしては燃費性能に優れています。

高速道路や遠出の際の燃費ではプリウスもホンダシャトルも伸びがいいので、一年を通して考えると、燃料代はかなり削減できるのではないでしょうか。

維持費に関しては人それぞれで掛かってくる費用も変わるので、あくまで参考となります。

比較してみると、プリウスもホンダシャトルもさほど変わりません。

ローンの有無や保険料、駐車場代の有無でも大きく変わってきてしまうのですが、どちらの車も高すぎるということはなく、平均並みの維持費だと考えられます。

あとがき

いかがでしたか?

今回は、プリウスとホンダシャトルの様々な比較を紹介させていただきました。

今回の比較をまとめてみると、このようになります。

  • 車体価格は「プリウス」の方が高め
  • 乗り心地や加速は、どちらも大きな変わりはなくスムーズな加速と操縦安定性が特徴
  • 燃費性能は「プリウス」の方が優勢
  • 維持費はどちらもほとんど変わらない

どちらかというと、プリウスの方がスペックは高いようですが、全体で見てみると大きな差があるのは燃費と価格ですので、あとはご自身の好みが決め手になります。

見た目の好みや使い勝手などは、好みが分かれる部分でもありますので、どちらかの車を選ぶ際はまず試乗をして体感してみることをおすすめします。

-トヨタ・プリウス

Copyright© BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.