映画・漫画・アニメ

re第18話のストーリーのネタバレあらすじ!感想や評価についても

投稿日:

ハイセの髪色が完全に白になりカネキの記憶を取り戻してから

おもしろくなってきましたね!!

 

黒カネキのシーンがもう少し見たかった気もしますが・・・

 

新OPテーマも凛として時雨さんがまたまた使われており白カネキに戻ってから

新OPともすごくマッチしている気がしてテンションぶち上げな筆者です(笑)。

 

六月がトルソーに囚われたくだりが長かったなあと・・・(笑)

六月はハイセに未練たらたら状態ですがカネキに戻ってしまった事によって

どうなってしまうのか。

 

隻眼の王となった今、今後どう発展していくのか。

 

変な奴、旧多は今回どんなクレイジーを見せてくれるのか。

 

宇井さん個人的に千と千尋の神隠しに出てくる「ハク」に似てるし

好きです・・・

 

宇井さんの活躍は今回あるのでしょうか。(笑)

 

気になる今後の展開や感想を含み書いていきたいと思います。

 

 

※以下ネタバレを含む記事になります。

第18話 「赫赫たる FACE」
 

什造が新たな有馬貴将になる?!

CCGにて旧多筆頭のもとピエロ戦の会議が行われています。

 

和修総議長は遺言で旧多を次期局長に推薦しました。

 

エトとの交戦時クレイジーすぎる対応と「やってって良かった嘉納式」

に度胆抜かれましたが・・・(笑)

いたって真面目に仕事に取り組む局長、旧多。

 

ピエロは本局を狙ってくると旧多は読みます。

 

本局に守りを固めた方がいいという案が出ますが旧多は却下。

 

以前ピエロを相手に同じ状況になったと話します。その時の対処法は各区守りは

そのままで本局に最強捜査官有馬を配置した。

 

しかし有馬はハイセaka.カネキとの交戦時自害しています。

 

そして有馬がいない今、最もふさわしい人物が什造だといい

什造に新たな有馬貴将になれと命令します。

 

宇井は旧多が一瞬、総議長和修とだぶって見えたと内心思っているようです。

・・・意味深。

 

 

ピエロ始動。

各区および本局に向けてピエロが進軍していきます。

 

各区捜査員が配置されているなか、什造は本局にて待機。

 

本局をつなぐ橋から通さないよう必ず死守しろと旧多からの命令に

什造は相手を全員殺せばいいのだなとやる気満々。

 

什造のこのスイッチが入ると本当に有馬と同じ位の戦力アリ!!

 

しかし旧多は「じぇんいん、ころちてくだちゃい♪」と気持ち悪い(笑)

旧多はなにか企んでいる様子がうかがえます。

 

ピエロの数はとんでもなく多いですが一体、一体の実力はさほどの力ではないと

什造クルーはにらみピエロのマスクの下は人間なことに気づきます。

 

この際にも旧多は「気づいたかな?」と言っているところを見れば

やはり旧多は確実に企んでいますね。

 

そして什造はSSレートノーフェイスと交戦。

 

ノーフェイスは自由自在に顔をかえられます。

 

什造の恩師、篠原に顔を変え什造を抱きしめます。(まじきたねえやり方だな、おい!W)

 

什造が隙を見せると赫子を出し攻撃しようとしますが

什造クルーがすかさず什造を守り抜きます。

 

 

うりうりは壊れます。

一方瓜江はビル屋上で人影を発見し才子たちに現場を任せ後を追います。

 

そしてSSレート神父と交戦。

 

神父は捜査員だった瓜江の父を過去に殺しています。

 

神父は瓜江が恨んでいるのは自分の父親だといいます。

 

瓜江は父のような優秀な捜査官になるためにCCGへ入ったのですが

神父は瓜江を一人残して行った弱い父親を恨み続けてきたのだと言い張り

瓜江を挑発します。

 

挑発するだけ挑発して逃げます。(笑)

 

自分の父の命を奪った相手にこんなことを言われ、しかも言い逃げ状態。

 

そら壊れますわな・・・

 

瓜江は感情が激しく揺れ半赫者(はんかくじゃ)のような姿に!

 

いわゆる暴走のようなもののようです。

 

そこへ異変を感じた才子が登場し「もう誰も死なんで欲しいんだわっ!!」

からの千手観音風、赫子炸裂!!

 

必死の思いで瓜江の暴走を止めようとします。

 

才子のニート時代が全く想像できないほどに成長した才子。

 

瓜江を赫子で固定してしまい「才子監獄」!!!

 

めったと技の名前なんか出てこないアニメなのにまさかすぎて

吹いてしまいました(笑)

 

才子に攻撃されさらに暴走が進んだ瓜江は心の闇の部分があらわれ

全てハイセが仕事を押し付けてきたと人のせいにします。

 

そして「俺をみろー!俺をみろー!」と壊れだし、なぜか瓜江の瞳に

「俺」の文字。

 

正直、才子と瓜江の交戦シーンはふざけているようにしか見えません。(笑)

 

才子に一撃をくらわせてしまったところで背後から麻酔銃なようなものを打たれ

瓜江は静止します。(たぶんRC抑制剤)

 

 

CCGの新たな戦力。

 

ピエロ戦で戦っていたのはグールではなく、マスクの下は人間でした。

 

駆け付けた宇井はすぐさま状況を理解。

 

人間を大勢殺してしまったCCGは潰されますよ。と一言。

 

そしてピエロ戦にて多大な被害があった為新体制が発表されます。

 

何か企んでいる趣で六月の病室を訪れていた旧多。

 

新体制発表時、おもちゃのメガネ(ふちにはPARTYの文字)しかもきらきら

電飾で光ってる・・・肩には「私が局長です」のたすき。

 

もはや救いようありません(笑)

 

宇井が「何をやっているんだ!」と怒りますが今日はパーティです♪と

呑気に新体制を発表します。

 

そしてCCGの新たな戦力「オッガイ」新しいクインクス部隊が登場します。

 

その中に髪が真っ白になった六月の姿が。

 

オッガイの前には数名のピエロ達が縄で縛られ膝まづいています。

 

「彼らの死をもってわれわれに平和を!」という旧多の合図で

ピエロ達は首をちょんぎられます。

 

そんな残酷で卑劣な公開処刑しなくてもいいんではないでしょうか。

旧多さん・・・

ていうかそのピエロ達人間じゃないの・・・?

 

旧多の熱弁に捜査員たちは圧倒されつつも闘志を燃やし一致団結します。

 

 

 

感想

 

18話はここまでです。

 

いやー旧多本気クレイジーすぎやしませんか?(笑)

 

基本ふざけている旧多ですが裏ありまくり感を最大限に出してきてますね。

 

グールキャラクターの中で一番残酷で卑劣なキャラではないでしょうか。

 

ピエロ戦から什造の有馬位置推薦、そして新体制オッガイの発表。

 

全て旧多の思惑通りな気がします。

 

そして18話ではほとんど出てこなかったカネキ様。

 

すでにCCG内では隻眼の王と呼ばれていますが有馬を殺したと

言われていることも旧多が何か企んでいる気がします。

 

ゴートに関しては今回描かれていませんでしたがゴートの組織のおかげで

人間とグールお互い仲良く暮らしましたとさ。

 

というハッピーエンドもありえるのでしょうか!

 

そして筆者が一番気になっているヒデの存在。

 

このヒデの生存に関してはセリフなどがアニメシーズン1の

ラストと原作が異なっているのでシーズン3ではどうなっているのか?

ヒデ生存パターンで話が進んでいくのかはたまた死んだ堤で話が進んでいくのか。

 

そろそろヒデの伏線が出てきてもいいんではないでしょうか。

 

筆者は生存パターンでカネキと再会するに一票です!!!

 

読んで頂きありがとうございました♪

 

-映画・漫画・アニメ

Copyright© BLOG1176 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.