アルバイト

飲食店で働く前に知っておきたい注意点。

更新日:

アルバイトを探す時、1番募集が多いジャンルでもある飲食店。

求人を見るとすぐ目に付きますよね。

初めてのアルバイトでも応募しやすい条件で、ファミレスなど可愛い制服が着れるというのにも魅かれた人も居るんじゃないでしょうか。

そんな飲食店で働く前に知っておきたいメリットやデメリットをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 
 

 

飲食店ならではのメリット

飲食店の募集内容を見ると、ほとんどの店が「まかない」が付きます。

無料で食べれたり安く食べられたり…お店によって様々です。

1人暮らしの方にとっては嬉しい事ですよね。

そして飲食店で働く時、キッチンかホールかで別れます。

キッチンは調理をしますが、食材管理や発注など作るだけが仕事では無かったりもします。

仕込みや洗い場も裏でも大切な仕事です。

ただメニューに載ってるものを作るのが、キッチンの仕事では無いという事を頭の片隅に入れておいてください。

もちろん長く働くほど調理の技術は身に付き、慣れてくると手際も良くなって楽しく作れる日が来ると思います!

ホールはお店の顔と言っても良いくらい大切な仕事です。

接客の仕方によってお客さんの数も変わります。

ただ可愛い制服が着たいから♪という気持ちだけではもちろん勤まりません。

「どれだけお客さんに気を遣えるか」がポイントです。

もちろん最初は出来なくて当然です。

ですが接客が出来るようになると、私の経験からして「明るくなれて笑顔も増える」気がします!

もし、変わりたい!なんて思ってる人が居たら接客の仕事はオススメです。

 
 

スポンサードリンク

 
 

人手不足で多いのが飲食店

求人に載ってるのは誰か代わりに入ってくれる人が欲しいという事。

求人案件が多い、ということはつまり、今は人手不足な所が多いということ。

もしかしたら働いてみて、「こんなはずじゃなかった…」と後悔する事もあるかもしれません。

飲食店以外でもそうですが、求人の仕事内容だけで判断するのは自分の想像だけで判断する事と同じです。

正直仕事内容は働いてみないと分からないです。

なので、実際に働いてみたい飲食店にお客さんとして行ってみる事!

下見する事は本当に大事だなと思いました。

お店や店員さん同士の雰囲気や、お客さん視点でどんな仕事をしているかなど。

自分の目で確かめる事で求人には載っていない情報を得る事ができます。

また、人手不足な所だと、その分1人に対しての仕事量が多いというのも現実です。

その割に時給が安かったり、勤続年数の浅い人と比べても時給が変わらず同じだったり、必ず何か悪い点があるという覚悟が必要だと思います。

何事もチャレンジですが、初めてアルバイトするかたは自分に無理のないペースで働いてみてください♪

 

あとがき

 

因みに私自身、飲食店で働いてみて「職場の雰囲気」が大切なポイントでした。

辛い事があっても支えてくれる仲間がいる事は大きかったです。

働いてみないと分からないのは当たり前です。

まずは自分がどんな事を学びたいか…自分が好きな仕事内容か…続けられそうか…。

よく考えて応募しましょう!

 

スポンサードリンク

 
 

-アルバイト

Copyright© BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.