トヨタ・ハリアー

【トヨタ・ハリアー】は不具合が多い?リコールについても。

更新日:

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取り価格が、
一括査定サイトを用いることで 80 万円ほどになることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社、最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、値段が吊り上るためです。

登録も1分で終わり、
査定をしたからといって、
必ず売らなければならないというわけでもないので、
愛車の売値の最高値を知りたい、
という方にもオススメです。

ハリアーを購入するうえで不具合やリコールは多いのか?それとも少ないのか?気にされる方はいるでしょう。

せっかく買った新車のハリアーなのに、故障が多くて満足に運転できない・・・なんてことは避けたいですね。

そこで今回は、トヨタ・ハリアーの不具合事例やリコールについて解説していきます。

ハリアーは不具合やリコールが多い車なのか見ていきましょう。

スポンサードリンク



【トヨタ・ハリアー】の不具合情報

引用:https://toyota.jp/harrier/

トヨタ・ハリアーの不具合について、ネット上のクチコミ掲示板などに上がっている報告事例を参考にご紹介していきます。

ハリアーではどんな不具合が起きているのか見てみましょう。

CVTの動作不良

引用:https://toyota.jp/harrier/

CVTの動作が鈍くなったり、故障する不具合は現行ハリアーでもいくつか報告があがっています。

特に多いのが走行中に異音が発生するというもの。

比較的気が付きやすい不具合ですが、加速するときや高速走行しているときに異音がする場合は故障の可能性が高いです

CVTが故障することでギアが空回りしたり、最悪の場合、車が動かなくなる可能性もあるので、異音に気がついたらできるだけ早めに修理を行いましょう。

オルタネーター部分の故障

引用:https://toyota.jp/harrier/

オルタネーターとはバッテリー電力供給する車を動かす上で重要なパーツです

報告されている不具合では、オルタネーターが経年劣化によって故障する事例がいくつかあがっています。

オルタネーターが故障すると電力供給ができず頻繁にバッテリー上がりを起こしたり最悪の場合走行できなくなるといった問題を起こす可能性が高いです。

オルタネーターの寿命はバラつきがあるので、○年で交換といった基準がありません。

早期に故障を引き起こすこともあれば長く安定して使えることもあるなど、注視するしかありません。

頻繁にバッテリーあがりを起こしているなら、オルタネーターに不具合が起きていると疑ってみるべきかもしれません。

エアコンの動作不良

引用:https://toyota.jp/harrier/

現行ハリアーではエアコンの動作不良も報告されています。

エアコンは稼働しても効きが悪い、風が出てこないといった不具合があるようです。

逆に効きは悪くないけど変な臭いがするという不具合も中にはあります。

エアコンの不具合はコンプレッサーが原因となっていることが殆どで、その場合修理が必要です。

ドアロックの不具合

引用:https://toyota.jp/harrier/

ドアのロック時は、アクチュエーターという装備が作動しドアの開閉を行います。

新型ハリアーのドアロックにもアクチュエーターが装備されていますが、それが作動せずドアがきちんと閉まらないという報告があがっています。

走行不能に繋がる恐れもある不具合ですから、アクチュエーターの不具合が起こったら早めに部品交換を行うようにしましょう。

主な原因は、アクチュエーター部品の経年劣化とされています。

他には外部からの衝撃、突発的に不具合が起きることもあるようですから注意しましょう。

スポンサードリンク



【トヨタ・ハリアー】のリコールについて

引用:https://toyota.jp/harrier/

トヨタ・ハリアーはこれまでにどのような不具合でリコール届け出をしているのかご紹介します。

自分が乗っているハリアーがリコール対象になっていた場合、トヨタ販売店で無償修理を受けることができるので必ず確認しておきましょう。

なお、自分のハリアーがリコール対象かどうかは、車検証記載の車台番号をもとにリコール検索するのが簡単でおすすめです。

では、ハリアーのリコール情報を見ていきましょう。

ホースに穴が空きオイル漏れ

エンジンの可変式バルブ制御用油圧ホースのいち部分に亀裂が生じ、オイル漏れが起きる恐れがあるというもの。

リコール届け日 209年11月19日
型式 DBA-GSU30W,DBA-GSU31W,DBA-GSU35W,CBA-GSU36W
製作期間 2006年1月16日~2008年4月17日

リコール対象車は、オイル漏れ発生の恐れがない対策品と無償で交換できます。

ヘッドランプの不具合

引用:https://toyota.jp/harrier/

ガソリン車とハイブリッド車のヘッドランプの不具合です。

ランプ内に水が入ってしまう恐れがあるとしてリコール届け出しています。

リコール届け日 2011年10月26日
型式 UA-ACU30W,CBA-ACU30W,UA-ACU30W,CBA-ACU30W,UA-MCU30W,CBA-MCU30W,UA-MCU31W,CBA-MCU31W,UA-MCU35W,CBA-MCU35W,UA-MCU36W,CBA-MCU36W,DBA-GSU30W,DBA-GSU31W,DBA-GSU35W,DBA-GSU36W,DAA-MHU38W
製作期間 2003年2月〜2009年2月

保証期間は、新車登録日から9年間となるので、機関内なら対策品と交換可能です。

ハイブリッドシステムの電力変換機の不具合

ハイブリッド車に搭載される電力変換機(DC-ACコンバーター)が不具合を起こし、警告表示がされて走行不能になるとの報告が上がっています。

ひどい場合は、電源回路のヒューズが破損し、警告灯が表示されず走行不能になることも。

リコール届け日 2013年9月4日
型式 DAA-MHU38W
製作期間 2005年 3月14日~2011年 6月17日

クリアランスソナーの不具合

引用:https://toyota.jp/harrier/

現行モデル発売間もなく出たリコールがクリアランスソナーの不具合です。

クリアランスソナーには、音声案内機能が備わっていますが、この制御プログラムに不具合が見つかりました。

クリアランスソナーは、障害物となる物体を検知するとアナウンスで注意を促してくれるのですが、今回の不具合によりアナウンスがされないということです。

リコール届け日 2014年1月24日
型式 DBA-ZSU60W,DBA-ZSU65W,DBA-ZSU65W
製作期間 2013年10月24日~2014年1月15日

リコール対象は2013年10月24日~2014年1月15日に制作されたモデルとなります。

リコール対象車は、コンピュータープログラムの回収によって改善できます。

ETCの不具合

引用:https://toyota.jp/harrier/

ETC車載器の不具合によるリコールです。

道路設置のアンテナと双方向通信がETCの不具合によってできず適切に走行できない可能性があると報告されています。

リコール届け日 2016年4月14日
型式 DAA-AVU65W,DBA-ZSU60W,DBA-ZSU65W
製作期間 2013年10月24日~2016年1月25日

対象となるハリアーは、2013年10月24日~2016年1月25日の間に生産されたモデルとなります。

該当車輌は、トヨタディーラーにてシステムのプログラムを治すことで改善できます。

スポンサードリンク



【トヨタ・ハリアー】に不具合があった場合のリコールの対応について。

引用:https://toyota.jp/harrier/

新型ハリアーに不具合が起きたり、リコール対象となった場合は購入したお店で対応してもらうのが一般的です

リコールの場合は、対象車両の保有者に対しハガキによる通知がされます

基本的にリコールによる修理は無償で受けることができます。

リコール対象ではない不具合・故障の場合でもディーラーに持っていけば対応してくれます。

即日で修理可能な場合もあれば部品調達のために時間を要する場合もあります。

そういった場合は代車を貸してくれるなど、その時によって対応は異なります。

いずれにしても、不具合やリコールによる修理を受ける場合は、事前に電話で伝えて修理の日程を予約する必要があります。

車を持っていってもその日に修理してもらえるとは限らず、待たなければいけないときもあるからです。

修理を受ける際は、事前に日程を予約するようにしましょう。

あとがき

引用:https://toyota.jp/harrier/

トヨタ・ハリアーの不具合・リコールに関する情報をお届けしました。

現行ハリアーは不具合やリコールがいくつかありますが、現時点で重大な事故に繋がるような不具合は報告されていません。

とはいえ、不具合を直さずそのままの状態で使用するのは危険を伴います。

不具合を見つけたりリコール対象になっていた場合は、速やかにディーラーで修理を受けるようにしましょう。

ハリアーの記事一覧へ
他の車種の記事を見てみる

トヨタ・ハリアーが値引き金額から更に 50 万円安くなる裏技とは?

「ハリアーが欲しいけれど、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ハリアーの購入を検討しているけど
悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
たくさんおられると思います。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク



-トヨタ・ハリアー,

Copyright© BLOG1176 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.