*

「めちゃイケ」やっぱり打ち切りで終了?視聴率低下の理由まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/09/16 ドラマ テレビ番組 ニュース

1996年10月以来、20年近くの間、絶対的な土曜日のゴールデンタイムに君臨してきた、めちゃイケ。

もうずいぶん前から打ち切り説が流れて来ておりますが、ここ最近はより一層深刻な状況のようです。

かつては20%越えの視聴率を出していためちゃイケでしたが、今は平均視聴率10%以下が当たり前の番組になっております。

そもそもどうして、こんなに視聴率が下がってしまったのでしょうか。

本記事ではめちゃイケの視聴率の低下の理由について考察してみました。

視聴率低下の理由

いろいろ言われておりますが、一番の理由は企画につまらないを通り越して、不愉快なモノがあるということでしょうか。

その筆頭がまだ記憶に新しい「コリタ食堂」でしょう。

「2度と食べたくないという程のまずい料理を出すお店」を紹介するという企画です。

キワドい企画で視聴率を稼ごうとしたのかもしれませんが、完全に裏目だと思います。

バラエティとはいえ、普通の感覚なら間違いなく不愉快に感じるレベルなのではないでしょうか。

番組に大量のクレームがあったそうですが、当たり前だと思います。

裏でこそこそと、まずいだの臭いだの馬鹿にして、何が楽しいのでしょう。

また、企画だけではなく伝説のTVマンとすら言われている「片岡飛鳥」さんが2012年に現場を退いたのも大きいようです。

めちゃイケだけではなく「はねるのトびら」の監修としても有名な方ですね。

上記の2つだけではなく、競合番組が地味に視聴率を取ってくるなど、様々の要因があいまって視聴率低迷の原因となっているようです。

スペシャルで振るわないことも・・・

めちゃイケはスペシャルでも高視聴率が出せなくなってきております。

よく比較対象に上がって来るのが、テレビ東京の「ローカル路線バスの旅」です。

この番組は年に3回ほどしかやらないのですが、めちゃいけのスペシャルとかぶる事があります。

今年でいうと1月4日の「600回記念スペシャル」が12.2%とめちゃイケのスペシャルとしてはあり得ない数字を出してしまいました。

その裏にはローカル路線バスの旅の存在があったようです。

この時の視聴率は13%のようで、0.8%もの差をつけられてしまっては完敗でしょう。

スペシャルでさえ負けてしまったなら、一般放送でも大差がつくのは容易に想像できます。

今年の4月26日にも両番組は再びかぶったようなのですが、この日のローカル路線バスの視聴率は12.6%。

対するめちゃイケは8.4%・・・・。

明らかに完敗です。

終わりに

学生の時から、見ていたバラエティ番組なので、終わっては欲しくはないです。

つまらない企画もありましたけど、好きな企画の方が圧倒的に多いです。

健康的な楽しい企画で視聴率を回復し、これからも続いて欲しいと願っています。

ランダム記事

花燃ゆ視聴率低迷で打ち切り?クローズアップ現代のやらせ疑惑とは

この記事はNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率低迷の理由について記述しております。  

記事を読む

                                
加地倫三はイケメン?浮気相手の馴れ初めと離婚のきっかけに年収も

本記事は加地倫三さんの浮気相手との馴れ初めや離婚のきっかけ、年収につい

映画「あと1センチの恋」あらすじは?公開場所や主題歌について

いよいよ、来月13日に「あと1センチの恋」が上映されますね。 原

ゆるキャラグランプリ2014・優勝はぐんまちゃん。もともとはゆうまちゃん?

ふっかちゃん発祥の地、埼玉県深谷市はネギが名産なのです。 本

40歳から始めるエレキギター。早く上手くなるには

本記事は40代の人が早くギターを初めて上手くなるための方法について

ドラマ「学校のカイダン」キャストやあらすじ情報など

来年1月から日テレで「学校のカイダン」の放送が決まりました。 な

→もっと見る

PAGE TOP ↑