*

「超能力研究部の3人」の公開日はいつ?あらすじや試写会感想など

公開日: : 最終更新日:2015/09/16 映画

本記事は乃木坂46の生田絵梨化さん橋本奈々美さん、秋元真夏さんが主演する映画「超能力研究部の3人」についてまとめました。

あらすじ

北石器山高校「超能力研究部」の部員であるさえない育子(生田)、良子(秋元)、あずみ(橋本)の3人はある日同級生の森(碓井将大)がスプーンを曲げてしまうのを目撃して、無理矢理入部させてしまいます。

どうやらこの森君はガチの超能力者で、人の心も読めるらしく、さらには自身が宇宙人である事も告白します。

森君はきっと自分の生まれた星に帰りたいのではと、部員の3人は思い込んで、高価なUFOマシーンを買うために、いろいろ無茶な事をする・・・という感じらしいです。

これがメインストーリーなのですが、この話には「シティライツ」という大橋洋之先生作の原作漫画があり、こちらもとても面白いです。

メインストーリーとともにこの主演の3人が女優としてこの作品に取り組む姿も上映されており、そういった意味で、「真のアイドル」映画なのだそうです。

もっとも、この映画の監督である山下敦弘さんはキャストを決める際に、演技が上手い人を選んだわけではないようです。

まず、伸びしろを重視していて、映画を作っていく中で、変化を起こしてくれそうな人を選んだみたいですね。

その基準が「何かひっかかる印象に残った子」らしいですが、普通の人にはさっぱりわかりませんね。

山下さん本人の好みも入っていて、「友達がいなさそうな子」「コミュニュケーションが下手な子」が好きだという趣向も、多少は選考の基準とされたそうです。

試写会の感想

試写会自体は11月9日に行われました。

「面白い」、「感動した」などの声がある中で、「ファン向け」といった感想もあるようです。

また、面白い感想として「ドキュメンタリー部分の方が作り物ぽかった」というのがあるのですが、これはドキュメンタリー部分も台本で演じているからだそうなのです。

そうすると、結局全部ドラマということになるのではないかと思うんですけれど。

あとは「ドキュメンタリー部分が多い」という感想でした。

比率はドラマ3〜4割で半分以上はドキュメントになるってことですけれど、上述の通り、全部演じているのなら、ドラマでもいいのではないかと思いました。

こういう感想が出ている辺り、「どこまでが嘘で何処までが本当からわからない」といった点はうまく表現出来ているのではないかと感じました。

映画の公開日は12月6日です。

楽しみですね。

ランダム記事

映画「悼む人」の公開日はいつ?あらすじや主題歌にキャストも紹介

天童荒太さんによる直木賞受賞作品である、「悼む人」が映画化されますね。 この作品はもともと文藝

記事を読む

                                
甲斐智陽の評判と本名は?経歴に土屋アンナとの問題の歌の歌詞も

本記事は甲斐智陽さんの評判や本名に経歴、土屋アンナさんとの問題の歌の歌

ベルセルクが完結?連載終了の噂に38巻の発売日情報も

ベルセルクの連載終了の噂と38巻発売日情報 最近、ベルセルク

加圧式お掃除スプレーでペットボトル再利用。購入は楽天がおすすめ

本記事はペットボトルを用いた加圧式お掃除スプレーについて記述しておりま

居酒屋バイトはきつくてブラック?いいところも結構あると思う

居酒屋バイトはブラックバイトじゃないと思う チェーン居酒

妖怪ウォッチパンの大吉がでる確率は?新シールの種類を調べてみた

大人気の妖怪ウォッチ、勢いにのり、最近の人気はポケモンをも上回っている

→もっと見る

PAGE TOP ↑