*

やりたい仕事なんてないのが普通だということに気がつかない人達

公開日: : 就職 転職 仕事

AL202syazai120140830165537_TP_V

やりたい仕事なんてないのがデフォルトだという現実

よく「やりたい仕事」とか「あなたの適職診断いたします」とかありますが、実際に探した所で本当にやりたい仕事が見つかるのでしょうか。

自分が希望した通りのやりたい仕事につける人は本当に一握りで、大半は生活の糧を求めて働いているはずです。
でなければ、こんなに転職市場が熱いはずがない。

転職の理由はお給料や待遇など様々でしょうが「もっと自分にとって、楽しい、やりたい仕事がしたい」
こういった動機の方だって多いはずです。

 


 
 

実際に働いてみなくてはわからない

そもそも「やりたい仕事」なんて思ったとしても、実際に働いてみないと、その仕事がやりたかったかどうかなんて、わからないと思うんです。
イメージと現実って本当に差があります。まるで別物といってもいいくらい。

やりたい仕事につけたと思っている人がわくわくしながら、実際に現場で働いてみると「うわ、しんどい」「つらい」「この仕事、俺に合わないのではないか」なんて、思う機会はたくさんあります。
私自身もそうでした。

そりゃあ、仕事なんだから、やりたい仕事だって、少しは嫌な事があるはずですが、明らかに自分に合わないと判断すれば、普通は転職に踏み切るはずです。

自己分析もして、業界研究もして「やりたい仕事」を見つけたはずなのに、どうしてこんな事が起こるのか。
その理由はやりたい仕事の認識を根本的に間違えているのだと思います。
「やりたい仕事」とは厳密には「やりたそうな仕事」ではないかと思うのです。

つまり「やりたい仕事」を見つけたわけではなく「やりたそうな仕事」を見つけただけだったんです。
それは確かに目安にはなるが、絶対ではない。
だからそういった事態が起こるんです。

 

それ、本当にやりたい仕事なの?

また、やりたい仕事を錯覚して捉えている人も多いです。
給料、ブランド、ステータス。
こういったものをやりたい仕事と混同して考えてしまっている人は本当にたくさんいます。

「やりたい仕事」とはあくまでその業務自体が自分にとって、魅力的であるかどうかであって、待遇が魅力的であるかどうかとは別問題です。
といっても、個人的にはこれを悪い事だとは思いません。

やりたい仕事が見つからないのが普通ならば、少しでも待遇がいい所で働いた方が良いに決まっているからです。
この事は、やりたい仕事が見つからない人への一つの答えだと、私は考えています。

 


 
 

待遇で決める

これがやりたい。そう明確に思える仕事があるならば、一度は働いてみるべきです。
それが自分にしっくりくるなら、素晴らしい事です。
それを生涯の天職とするべきです。おめでとうございます。

しかし、やりたいはずの仕事がしっくりこなかった場合や、やりたい仕事が見つからなくて、無理矢理ひねり出すくらいなら、仕事の内容は無視して、できるだけ待遇が良い所を選ぶべき、と私は思います。

待遇は数字で表現できます。年収、休日、有休、残業時間などなど。
漠然かつ、不確定な「やりたい事」よりも現実的な指標として使えます。
その分、リスクも少ないです。

待遇を重視して、仕事を選んだとします。
実際にその仕事についてみると、意外に自分に合っていた。これは万々歳でしょう。
待遇も仕事内容もいいわけですから。

あまりその仕事が合っていない。それでも待遇はいいわけですから、1年ぐらいは我慢できるでしょう。
あまりに早く転職してしまのは、経歴的にあまりプラスにはなりませんから。

待遇が良いと、心に余裕が持てます。心に余裕があると、日々の生活をより楽しむ事ができます。
仕事だって、楽しめる可能性は高くなります。

そうすると、全く考えていなかった仕事があなたの天職になる、といった可能性も見えてきます。
私はやりたい仕事がない人は探すのもいいけれど、待遇という観点から仕事を選ぶ、ということもおすすめしたいです。

 


 
 

ランダム記事

キラキラネームやDQNネームは就職で後悔する?改名手続も

今日の記事で「取引先の社員が偽名を使っているらしい」というツイートが反響されたと目にしました。

記事を読む

                                
映画「摂氏100℃の微熱」のあらすじは?公開日にキャストも紹介

野咲あやさん原作の「摂氏100℃の微熱」が映画化されるそうですね。

戦国無双アニメ情報まとめ!キャストやスタッフ情報ほか

コーエーによる人気アクションゲーム「戦国無双」が来年1月に再びアニメ化

中村麻里子の大学はどこ?高校や性格に総選挙の順位についても

本記事は中村麻里子さんの高校や大学について記述しております。 

8.6秒バズーカーは日本人じゃない?ネタがつまらないという声も

この記事は8.6秒バズーカーについて記述しております。 &nbs

リヴァイでなくなぜシキシマ?実写映画「進撃の巨人」設定考察!

「進撃の巨人」といえば、4000万部も売れている大ヒット作品ですよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑