*

ベルセルクを読んで生じた中二病の発症と完結

公開日: : 最終更新日:2015/10/01 漫画・アニメ

スクリーンショット 2015-09-27 23.32.44

ベルセルクを読んで中二病を発症

続きが待ち遠しいベルセルクですが、恐ろしい力を秘めた漫画だと思います。
初めて読んだ後、短い間ですが、中二病を発症しました。
修学旅行期間中、ずっと発症していました。

おかげでろくな思い出がなかったです。
(自業自得ですが)
その時の事について書いてみます。

 


 
 

修学旅行の前日に

私がベルセルクを初めて読んだのは、高校2年生の時の修学旅行の前日、仲の良かった友達の家でです。
この書き方、なんだか嫌らしいですね。
一旦読み出すとハマってしまい、そのまま最新刊まで一気に読みました。

私の通っていた高校は公立の馬鹿高校だったので、授業中漫画を読んでいる人はけっこういました。
出回っていたのは「ジョジョ」とか「ワンピース」とかだったと思います。

その時にベルセルクも面白いという事で出回っていたのですが、その時の私は単行本が大きいのが何故か気に食わず、読みませんでした。
本当にお子様でした。

修学旅行の前日、仲の良かった友達6人で朝まで、麻雀をするということになりました。
私は抜けていた時の暇つぶしとして、友達の部屋の本棚に置いてあったベルセルクを読み始めました。

それから、私が雀卓に戻ることはありませんでした。
いやあ、面白い。

初期の頃は絵が荒いのですが、それでも緻密で迫力がある絵は、当時の少年誌とは一線を画す感じでした。
1巻の時点でもうハマってしまい、そのままずっと読みふけりました。

 

蝕に衝撃を受ける

午前二時頃「蝕」に突入しました。
鷹の団のメンバーが惨たらしく、喰われる様を半べそをかいて読んでいた気がします。

でも、本当に衝撃的だったのが、その後のガッツです。
キャスカを助けるために自分の腕を切断するシーン。
あれがマジ衝撃でした。

当時自分が読んでいた漫画はキャプテン翼とか、ワンピースとか、あとはヤンキー漫画とか。
それまであんまりエグい漫画読んだ事無かったのです。
実に衝撃的でした。

今から振り返ると、流石は青年誌といった所でしょう。
というか、ベルセルクの力でしょうか。

 

飛行機の中で蝕に巻き込まれたと仮定

ほぼ寝ないで、修学旅行に向かいました。行き先は長崎。
羽田空港から、飛行機です。
その間、私は電車に乗っている時でも、飛行機の中でも、ずっとベルセルクの事を考え続けていました。

「自分があの現場にいたらどうするのだろう。いや、今ここで蝕が起こったらどうするのだろう」みたいなくだらない妄想です。
実際の思考を言葉にすると、もっとカッコつけていて「この俺に何ができるというのか」みたいな感じだったと思います。

武道の経験も大して無い、運動も中途半端、頭も悪い俺に何ができるのか。
真剣に考えていました。
多分、自嘲気味に誰かに語る感じでしょうね。

頭がおかしい事に、周りに話しかけられても、全て「意味ないさ」「無駄だよ」「うまくいくと思っているのか」とお腹から声を出して、カッコつけた口調で、ネガティブワードを連発していました。

意味不明かつ、うざかったと思います。あの頃の自分を殴りつけたいです。
しかし、私の頭の中では蝕にいたのだから、仕方がないのです。

 


 
 

ハウステンボスでゴッドハンドと遭遇する(旅館でゴッドハンドと・・・以下略

これはハウステンボスでも続きました。
結構かわいい女子が同じグループにいたのですが、蝕の中に居た私は全く、心がときめきませんでした。

いや、数日前までは凄く楽しみだったんですよ。
その子とハウステンボスを回るのが。
しかし、その時の私の心は蝕でした。

ガッツのように腕をちぎってでも、その子を助けられるのかと。
心の中の愚かな自分に問うてました。
いや、ガッツも助けられなかったんですけれどね。

とりあえず、飛行機にいる時と同じようにカッコつけて、ネガティブワードを言う事にのみ意識を集中していました、
それで、宿に返ってもことごとく誘いを断り、私は自分の布団の上で座禅を組んで瞑想していました。

「麻雀やろうぜ」
「いや。俺はいい」
「ウノやろうぜ」
「無理だ。今はそれどころじゃない」

どれどころなのでしょうかね。
まあ、正確にはちょっと思い出せないですが、概ねこんな感じだったと思います。
とりあえず、全部断っていたはずです。

中には「女子とロビーでだべる」と言った、大変魅力的なイベントもあったように思うのですが、全て私は拒否しました。

部屋であぐらを書いて瞑想していると、女の先生(1年の時の担任でした)に見とがめられ「あんた、何やってるの」と言われた時ぐらいが蝕から、解放された瞬間だったでしょう。

いいわけしながら「この先生。もしかすると、俺の事が好きなのかもしれない」という別の狂った妄想をしていた記憶があります。

 

食中毒になり現実を思い知る

短期的な中二のこじらせは、食中毒による嘔吐物と共に身体がら抜けていきました。
うちの高校、修学旅行で集団食中毒になったのです。
私はまだ軽いほうでしたが、2週間とか休んだ子もいました。

旅行から戻って来た日、私はバンドの練習の為、近くのスタジオに向かいました。
もちろん、この時も脳内では蝕が吹き荒れていました。
「俺はこのギターと一緒に喰われるのだろうな。それも悪くない」なんて思っていました。

スタジオに入って、アンプにギターつないで「さあ、練習」という時にいきなり「ろっしゃぁ」といきました。
本当にいきなりきました。

やべー、気分悪い。よしトイレで吐こう。
そんな、猶予さえ許されなかったのです。
おかげで清掃料2万6千円取られるし。
ドラムの奴からはドクターゲロなんて馬鹿にされるし、散々でした。

とりあえず、徹底的に床にぶちまけたあと。
私は蝕ではなくスタジオにいる事に気がついたのです。
私の中二病は完結しました。

 


 
 

ランダム記事

漫画「クローバー」39巻と40巻の発売日はいつ?あらすじも紹介

最近、漫画喫茶で少年チャンピオン連載中のクローバーを読んできました。 パックコースで一気に読

記事を読む

                                
no image
田野優花のニートな腹筋?彼氏や高校や総選挙の順位などまとめ

最近、ますます田野優花さんの人気が高まってますねー。 ハーフとも

映画「ファイトクラブ」ストーリーのあらすじは?キャストも紹介

本記事は映画「ファイトクラブ」のストーリーのあらすじに

関西学院高の偏差値は?バレー部のいじめについて

本記事では関西学院高の偏差値やバレー部のいじめ問題について記述

シャドーマンって何?正体と日本上陸の噂にトリック疑惑についても

本記事はシャドーマンについて記述しております。  

加地倫三はイケメン?浮気相手の馴れ初めと離婚のきっかけに年収も

本記事は加地倫三さんの浮気相手との馴れ初めや離婚のきっかけ、年収につい

→もっと見る

PAGE TOP ↑