*

田中美絵子はかわいい?実績や大学などの経歴と噂についても

公開日: : 最終更新日:2015/09/16 人物, 政治家・その他

本記事は田中美絵子さんについて、実績や大学などの経歴と噂について記述しております。

 

先ほど田中美絵子さんが小山衆院議員との婚約解消を報じるニュースがありました。

田中美絵子さんと小山展弘さんて同い年で、小沢チルドレンということもあり、結構お似合いだと思っていたのですが、まさかの婚約解消。

理由は明らかになっていないそうですが、性格のずれを感じるようになった、などと噂されております。

田中美絵子さんはかわいいといわれておりますが、確かに議員の中ではかわいい方だと思います。

もっともルックスで政治をやるわけではないので、かわいいからといってもあまり関係ないですよね。

これまでの過去の経歴や実績を調べてみました。

 


 
 

短大を卒業して民間会社に努めた後、平田健二参議院議員の秘書になったあたりで、政治に目覚めたのでしょうか。

政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員や決算行政監視委員、社会保障と税の一体改革に関する特別委員など、いろいろな委員を歴任してきているとは思うのですが、実績については今ひとつわかりません。

というか、実績についてはあまりないという認識でいいのでしょうか。

 
社会人入試で大学にも進学しているようですね。

進学した大学は明治大学の政治経済学部の二部のようです。大学院まで卒業されているようです。

二部とありますが、明治大学は二部であっても履歴書に二部、と書かなくて良いみたいです。

学費も安そうですし、お得な感じがしますよね。ちなみに、調べてみたところ、現在の明治大学には二部は無いようです。

田中美絵子さんの高校は石川県の北総学院高校という高校です。そこから帝京女子短期大学に入学された後、明治大学に進学されたそうです。

 

社会人をしながら勉強するという事はとても大変だと思います。

その点では田中美絵子さんは努力家な印象がありますね。

 


 
 

しかし、田中美絵子さんってやたらスキャンダルも多いですよね。

例えば、高速道路を150キロ以上で爆走して逮捕されたり、官僚と不倫したり、逮捕歴があったり。

ちなみにこの逮捕歴は短大在学中にエジプト旅行に行った際、ピラミッドの上に登って逮捕されたらしいです。

なんでも夜中の3時にピラミッドに登って、朝日を見て、降りて来たら逮捕されたのだとか。

そりゃー、つかまるでしょー、という感じですよね。元気いっぱいだったんですね。

また、田中美絵子さんはいかがわしい雑誌のライターをしたり、サクラの仕事もしていた事があるようです。

これらのうち噂に過ぎないスキャンダルもありそうですが、これだけたくさんスキャンダルがあれば、そのいくつかは噂ではなく本当なのだと思います。

温室育ちのエリートが多そうなイメージが政治家にはありますが、その中で田中美絵子さんはかなり異質な部類に入るでしょう。

田中美絵子さんが政治家になって上り詰めたら、結構面白そうな感じがちょっとだけあります。
(ホームページを見ると、政策はすごくちゃんとしていると思いますから)

 


 
 

ランダム記事

NAT86_eijishinbuntochoko500-thumb-260xauto-4273

市川海老蔵と米倉涼子の破局理由は?小林麻央との馴れ初めも紹介

本日のニュースで市川海老蔵さんが26日に結婚された米倉涼子さんをブログで祝福された事を目にしました。

記事を読む

                                
NAT86_eijishinbuntochoko500-thumb-260xauto-4273
サーベルタイガーが絶滅した原因は?理由の考察や画像に大きさも

本記事はサーベルタイガーの絶滅理由について記述しております。 &

NAT86_eijishinbuntochoko500-thumb-260xauto-4273
加地倫三はイケメン?浮気相手の馴れ初めと離婚のきっかけに年収も

本記事は加地倫三さんの浮気相手との馴れ初めや離婚のきっかけ、年収につい

no image
高倉健と菅原文太の共演作は?二人の関係や格付けなどの考察

今日のニュースで大俳優の菅原文太さんが亡くなられた事が報じられました。

E146_sudoribokujyou-thumb-815xauto-15068
新卒で就職できないのならしないという道もある件について

別に新卒で就職なんてしなくてもいい この記事は新卒で就職

pp_mitsubachitomusukari500-thumb-260xauto-220
ミスチルのツアーライブ2015チケット予約はいつから?

最近映画記事が多かったのですが、やっとこさ違う記事が書けます(笑)

→もっと見る

PAGE TOP ↑