*

ドラゴンボール復活のFの感想と戦闘力!おすすめ映画も紹介

公開日: : 最終更新日:2015/10/01 漫画・アニメ

スクリーンショット 2015-10-01 16.25.22

ドラゴンボール復活のFの感想や戦闘力について

注目の映画・ドラゴンボール復活のFがついに公開されましたね。
フリーザ様大活躍の今作ですが、フリーザ様の余裕発言がやたら懐かしくて童心に浸れました。

映画が終わった後にふと、昔の映画でも面白いのあったなぁ、なんて思ったので、昔の映画を振り返ってみました。
本記事では感想や過去の映画で個人的に好きな作品についてまとめてみました。

 


 
 

復活のFの感想

まず内容の前に感想を。
アクションシーンが見物のドラゴンボールなので、3Dが非常にいい感じでしたね。

正直3Dの類は大した事ははないと、今までろくに観たこともないくせに侮っておったのですが、認識を新たにさせられました。
やはり、今作はなんといっても黄金フリーザ様が素敵でしたね。

結局最後はあれでしたけれど。
あと、今回は悟空やベジータ以外のキャラの見せ場がかっこよかったです。
ただ、亀仙人とかの強さがおかしい気がしました。亀仙人って、初期から強くなってないはずですよねー。

間違いなく、戦闘力1500のラディッツとかより全然弱いとおもうんですけれど。
あと、ジャンプで少し前にやっていたジャコもゲストで出てきますね。こんなの居たっけ?と思った人もいるかもしれませんね。

映画全体としては面白かったです。
見るべき作品です。

 

戦闘力がヤバい

ドラゴンボールって戦闘力のインフレが良くネタにされておりますが、今回のインフレが個人の成長度合いとしては新記録なのではないでしょうか。
今作えフリーザ様の力は1垓に達したそうです。垓って何? なんて一瞬思っちゃいました。

万、億、兆、京の次の位です。
もう、よくわかないですよね。存在しているだけで、宇宙がぶっ飛びそうな気もするんですけれど。

戦闘力4000のナッパでも、大地が震えだしてましたし、戦闘力18000の初期のベジータだって、地球全体を震えさせていましたし。
初期の「私の戦闘力は53万です」という台詞が懐かしく思い出されました(笑

 


 
 

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦

images-1

個人的に好きな映画です。
ターレスのお話ですね。やっぱりこの位の時期の映画がいいですね。

昔ながらのZ戦士が活躍出来る感じが好きです。ピッコロさんはこの頃は最強クラスのキャラとして一目置かれておりましたね。
懐かしい。

 

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

imgres-1

 

ブロリー初登場の作品ですね。
サイヤ人最強としての呼び声も高いブロリーですが、やはり初登場の作品が一番インパクトありますね。

見せ場はやはりベジータのヘタれっぷりでしょうか。原作でもお目にかかれないヘタレっぷりが拝見できます。
ブロリーって当時のゲームでもやたら強かったんですよね。

超武道伝2で隠しキャラで使えるのですが、連続蹴りで容易にハメられたのを思い出しました。

 

まとめ

ドラゴンボールって終わってもう20年近く経つのに、未だに続編がでるなんて凄いことですよね。
次作は復活のYを希望したいですね。生きておりますが、主要キャラ復活ってことで。

Yの戦闘力のインフレぶりと、操気弾でベジータをぼこぼこにする姿を見てみたいです。

 


 
 

ランダム記事

ヒナまつり8巻や9巻の発売日はいつ?アニメ化や感想にあらすじも

「ハルタ」という若干マイナーな雑誌に掲載されている漫画・ヒナまつりですが、最近よりいっそう人気が上が

記事を読む

                                
横道侑里のチャームポイントは?出身や身長などプロフまとめ!

先日、AKBの横道さんが駅伝で区間2位の快走、なんてニュースがありまし

no image
蛭子能収に認知障害発生?息子の情報と年収に様々な伝説も紹介

先日、漫画家の蛭子能収に認知障害が発生したというニュースを目にしました

GW2015おすすめは江ノ島!グルメスポットやイベントも紹介

4月も中旬に差し掛かる頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。 中旬

映画「ベトナムの風に吹かれて」のあらすじは?キャストの紹介も

大森一樹監督による来年公開予定の映画、「ベトナムの風に吹かれて」の主演

ドラマ「永遠の0」放送日はいつ?キャストにロケ地の撮影情報も

最近漫画版の「永遠のゼロ」を読みました。 泣けますねー。

→もっと見る

PAGE TOP ↑