*

花燃ゆ視聴率低迷で打ち切り?クローズアップ現代のやらせ疑惑とは

公開日: : 最終更新日:2015/09/16 ドラマ テレビ番組 ニュース

この記事はNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率低迷の理由について記述しております。

 

今日のニュースで大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率が芳しくない事が発表されました。

「平清盛」も視聴率がふるわなかったそうですが、今回はさらに視聴率がよろしくないようで、そろそろ視聴率1桁代に突入するのではないかとも囁かれております。

その理由は番組そのものも内容もあるかもしれませんが、NHKの周りに起こった事情も少なくともあり得るのではないかと思います。

本記事ではその辺りの事をまとめてみました。

 


 
 

視聴率低迷の理由

ストーリーにある?

images-2

 

井上真央さんが演じられる「花燃ゆ」の主人公・文は幕末の松下村塾の創設者・吉田松陰の妹です。

松下村塾といえば、桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞に初代総理大臣の伊藤博文など、歴史的に多くの偉人を輩出した塾として有名ですよね。

吉田松蔭と松下村塾の存在がなければ、日本に明治時代は来なかったのかもしれません。歴史的に見ても大きな意味を持っている塾なのは間違いありません。

文はそんな偉大な兄の妹ということなりますが、歴史的なスケール、インパクトが欠けている、という意見があります。

つまり、歴史において何を行った人なのかわかりづらいということです。

確かにこれまでの大河ドラマは歴史的な著名人が多く何をした人なのか、という事がわかりやすい場合が多いです。

文は明治時代の官僚、楫取素彦と結婚しますが、楫取素彦の妻として、夫を縁の下で支えたということは楫取素彦が行った政治的貢献度を考えると、偉業と言ってもいいのかもしれません。

しかし、この政治的な貢献をドラマで表現するのはわかりづらいです。

例えば、八重の桜であれば、新島襄の奥さんで、新島襄といえば同志社大学の創立者ということで、イメージがつかみやすい。

それに対して、文はやはりイメージがつかみづらい人物なのかもしれません。

しかし、幕末の長州藩の動き、維新後の長州出身の人物がどのように日本に貢献していったのかを理解するには適した人物なのかもしれません。

そう捉えてみると、これまでの大河とは少し違った傾向なのかもしれませんね。

 

スマホがメインになっているせい?

PAK85_garakebb20141025171133500-thumb-1200x800-5554

そもそも、ここ最近は大河ドラマ自体の視聴率が低迷しがちになっております。

「花燃ゆ」の視聴率低迷はどちらかというと、ストーリーよりも別の点に原因があるのではないかと思います。

例えば、最近はスマホユーザーが増え、動画やニュースで番組を確認してしまう方が増えているということ。

こうしたユーザーはあまり長過ぎるものは好まないという傾向があるようで、気軽に見れる、短いものが主流のようです。

確かにこうした観点でみれば、大河ドラマの属性は真逆ですよね。

時代の流れ、というのも視聴率低迷の理由にあるのかもしれません。

 

参考リンク・過去の大河ドラマの視聴率一覧

 


 
 

クローズアップ現代のやらせ疑惑とは

NHKは会長のタクシー代などの問題も起こしておりますが、それよりもクローズアップ現代のやらせ疑惑の方が事実であればまずいかと思います。

少し前ですが昨年5月に放送された、クローズアップ現代では出家詐欺がテーマだったのですが、ここで取り上げられた詐欺ブローカーが全くのやらせだったという問題です。

ちなみに出家詐欺とは出家をすれば、戸籍上法名に変更ができる、という制度を悪用した犯罪手口です。

例えば、あちこちに借金しまくって。出家して名前変えて、別人になってとんずらする、といったこともできますよね。

それで、クローズアップ現代ではこの出家詐欺ブローカーの取材をしていたようなのですが、これが全くの捏造だったという疑惑があります。

NHKはやらせや捏造はなかったと説明しているので、真実はわからないですが、事実であれば少し悲しいことですね。

NHKは受信料の問題などはあるかと思いますが、番組のクオリティはとても高いと思います。

報道の真実性、透明性も他局と比べて高いと思っておりましたので、もしこれが事実であれば残念です。

 

スマホやパソコンから受信料を

テレビ以外からも徴収するという噂が・・・

テレビ以外からも徴収するという噂が・・・

 

最近NHKがスマホやパソコンからも受信料をとるのかもしれない、という噂がありますね。

確かに、パソコンやスマホからテレビが見れますので、本音を言えば取りたいところでしょう。

が、本気でこれを進めてしまうと、ある程度浸透するまでやはり国民の反感は溜まって行くでしょう。

NHKは一切みない、という人が増えてしまえば、大河ドラマを含む全てのNHK番組の視聴率は低迷してまいます。

 

まとめ

大河ドラマって1話、1億円ぐらい使っている、という話を聞いた事があります。

下手な映画よりも迫力や壮大さは勝っていると思いますし、話も面白いです。

個人的には「花燃ゆ」は面白いと思っておりますので、前代未聞の打ち切り、なんてことにならないように願っております。

 


 
 

ランダム記事

ドラマ「セカンド・ラブ」公開日はいつ?あらすじにキャストも紹介

亀梨和也さん主演のドラマ「セカンド・ラブ」金曜ナイトドラマ枠で放映されるのを目にしました。 金

記事を読む

                                
ビリギャルの高校はどこ?感想や評判に慶應SFC合格について

ビリギャルの高校や感想について 本記事はビリギャルの高校はど

「めちゃイケ」やっぱり打ち切りで終了?視聴率低下の理由まとめ

1996年10月以来、20年近くの間、絶対的な土曜日のゴールデンタイム

独学でお金が無くとも大学に合格できる。偏差値47の高校時代。

独学でお金が無くとも大学に合格は十分できる 独学でお金が無く

パンサーの尾形貴弘はイケメン?大学とサッカーの実力に彼女情報も

「イケメン芸人まとめ」でパンサーの尾形貴弘さんの写真をネットでみました

中山優馬の身長や体重は?ダウン症の噂に山田奈々とのエピソードも

いきなりですが、ジャニーズの中山君ってカッコいいですよねー。 ジ

→もっと見る

PAGE TOP ↑