*

銀魂58巻と59巻の発売日はいつ?予約限定版の情報も紹介

公開日: : 最終更新日:2015/09/16 漫画・アニメ

この前、漫画喫茶に言って、久々に銀魂を読みました。

いつのまにやらというわけではないですが、57巻まで発売されていたのですね。

ジャンプでも、ちらちら見ていたのですが、将軍編で完結しそうな勢いがあったのですが、まだ続いており、ほっとしました。

去年はジャンプの人気漫画が結構終わってしまいましたからね。まだ続くようで何よりです。

さて、最新刊である、58巻、59巻の発売日はいつになるのか調べてみました。

 

本記事では、銀魂について、
 

●58巻と59巻の発売日

●予約限定版情報

を中心に記述しております。

 


 
 

58巻と59巻の発売日はいつ?

まず58巻は4月3日発売とあります。

この記事を書いている現在4月1日ですので、明後日ということになりますね。

予約限定版もあることから、将軍編が全て完結する巻になるでしょう。

では、59巻の発売日はいつになるのでしょうか。

57巻までの発売日と収録話数を根拠に予想してみました。
 

〜銀魂・50巻以降発売日一覧〜

 

50巻  2013年7月4日

51巻  2013年9月4日

52巻  2013年12月4日

53巻  2014年2月4日

54巻  2014年5月2日

55巻  2014年7月4日

56巻  2014年10月3日

57巻  2015年1月5日

58巻  2015年4月3日(予定)

 

こうして見ると、銀魂の単行本は非常に安定して発売されている印象があります。

ジャンプなどの週刊誌ですと、大体3ヶ月に1冊ぐらいが平均的だと思いますが、間2ヶ月で発刊している巻もありますし、空知先生のタフさを垣間みれますね。

さて、59巻の発売日ですが、恐らく6月3日頃になるかと思われます。

57巻は516訓までで収録されており、58巻は10話収録とすると526訓まで収録されることになります。

そして、3月末までのジャンプでは535訓まで発表されております。

発表分のストックに多少余裕があるので、58巻は発売日の2ヶ月後に発売される見通しがたちます。

ちなみに60巻は59巻からさらに3月後の9月3日あたりになりそうです。

 


 
 

予約限定版について

58巻は予約限定版もあるようです、すでにアマゾンやアニメートなどでも大体的に発表されておりますね。

アニメDVD付きで、税込み3,672円とのことです。

ちなみにDVDの内容はジャンプ・アニメフェスタ2014で上映された、

「布団に入ってから拭き残しに気付いて寝るに寝れない時もある」

のようです。

こちらは、アニメでは放送されていないので、かなりレアな一品だと思います。

また、予約限定版はコミックスのカバーが空知先生の描き下しだったり、しおりやポストカードがついていたりと、盛りだくさんの特典内容になっているようです。

この記事を書いている現在からですと、明日の24時までに予約すればいけそうですね。

DVDやコミックスの価値を考えると、通常盤を購入するよりも、かなりお得だと思います。

ファンならば、事前にチェック済みかと思いますが、限定版を購入希望でまだ予約していない方は、急いで予約した方がよろしいかと思います。

 

まとめ

銀魂はギャグとシリアスのミックス割合が良かったのですが、最近はシリアスに比重がいっている気がします。

ギャグ要素がある漫画でシリアスな展開に比重が傾き出した場合、近いうちに完結する、という話を聞いた事があります。

実際にそういう漫画もありますが、銀魂も終わってしまうのではないかと、ちょっと心配です。

 


 
 

ランダム記事

ワンピースの気になる伏線!七武海メンバーの元ネタのモデルとは

ワンピース七武海のモデルについて 本記事は漫画「ワンピース」の個人的に気になる伏線や王下七

記事を読む

                                
豊崎愛生の実際の身長は?性格に結婚の噂と熱愛彼氏の情報も

先程、声優の豊崎愛生さんが、テレ東の「チャージ730」にレギュラー出演

iPhone7の発売日はいつ?デザインや新機能など予想まとめ

巷では既にiPhone7の噂が出ていますね。 まだ、6が出たばか

no image
時をかける少女・SF作家筒井康隆の経歴・最近はライトノベルも執筆。

皆さんは「時をかける少女」という小説を知っていますか。 日本のS

ハイチュウドリンク「みかん」発売日はいつ?期間限定なその味は?

ハイチュウドリンク「みかん」なるものが発売されるようですね。 パ

帝一の國の11巻と12巻の発売日はいつ?ストーリーあらすじや感想も

古屋兎丸先生の漫画「帝一の國」を皆様はご存知でしょうか。 古屋先

→もっと見る

PAGE TOP ↑