*

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪いの8巻発売日とあらすじ

公開日: : 最終更新日:2015/09/16 漫画・アニメ

明日で確定申告が終わりますねー。

私はその辺に関わる仕事をしており、毎年この時期は寝る間もない位忙しいのです。

冗談ではなく、始発電車に乗り、終電コース。土日も出勤。

2月中旬からつい先日までは、起きている時間と移動時間以外は全て仕事をしている感じでした。

毎年この時期が来る前は本当に嫌ですねー。始まってしまえば、腹をくくるのですが。

 

一昨日位にやっと休みがとれたので、久しぶりに漫画を買いに行きました。

買ったのは「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」というラノベ的タイトルの漫画。

本屋でなんとなく買ってみたのですが、これ、マジで面白いです。

ライトノベル的なタイトルなので、話もそんな感じかとおもいや、全然リアルな感じで、笑えます。

一気に7巻まで読んでしまいました。8巻が待ち遠しくなりました。

本記事では漫画・「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」8巻の発売日について調べてみました。

 


  

8巻発売日

さて、「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」8巻の発売日を調べてみると、5月24日頃の予想となっております。

本当にそうなのか、今までの各巻の発売日をまとめて考えてみました。

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 発売日まとめ

1巻発売日 2012年1月21日

2巻発売日 2012年5月22日

3巻発売日 2012年12月22日

4巻発売日 2013年6月22日

5巻発売日 2013年9月21日

6巻発売日 2014年3月22日

7巻発売日 2014年10月22日

 

1巻と2巻、3巻と4巻を除いて考えてみると、7ヶ月に1冊のペースですね。

やはり、8巻は5月下旬頃の発売になりそうです。

掲載誌のガンガンオンラインで隔週連載ということもあり、今後も大体この位の周期で発行されていきそうですね。

 


  

あらすじ

大筋としては、喪女に属する主人公・黒木智子が高校に上がった事をきっかけに、リア充になるためにいろいろ間違った方向に頑張る話なのです。

この黒木がいい性格してます。ホント。

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」というタイトルからもわかるように、とりあえず、人のせいにしたり、周りを見下したりしているのですが、
この思考がマジで面白い。

ここまで過激ではないにしても、進学校なんかには良くいるタイプな気がします。

そもそも、黒木の原宿教育学園幕張秀英高等学校(原幕)は千葉県トップの進学校である、渋谷教育学園幕張高等学校(渋幕)をモチーフにしているのも間違いないですし。

ちなみに作中の弟・智樹も進学校でサッカーがそこそこ強い、ということで原幕に進学するのですが、実際に渋幕もサッカーが強い時期が一時期ありました。

元日本代表の田中マルクス闘莉王が渋幕OBなのですが、彼が直接フリーキックを決めた事により、渋幕を初の全国大会に導いた事は当時、千葉でサッカーをしていた人なら皆、記憶に残っているはずです。

話がそれましたが面白いだけではなくリアルな部分もあります。読んでいると、「結構わかるわーっ」ていうのも結構ありますね。

ここまで過激な思い込みはしないですが。

あとかわいい絵柄に似合わず、下ネタが多いのも、個人的にはツボですね。

すみません。書いてみて、あらすじらしいあらすじになっていないですね。。。

要は黒木の日常の行動や思考を楽しむ漫画だと思います。

 
 

まとめ

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」というタイトルは長いと思っていたら、「私モテ」など略すそうですね。

8巻が楽しみです。

あと2ヶ月位、発売日を気長に待ちます。

 

ランダム記事

「銃皇無尽のファフニール」アニメの放送日や8巻発売日はいつ?

「銃皇無尽のファフニール」のアニメ化の情報をニュースで目にしました。 銃皇無尽のファフニールと

記事を読む

                                
佐々木希は性格もかわいい?ヤンキー伝説に熱愛彼氏情報も紹介

来年で27歳になる佐々木さん。その美しさは一行に衰えませんね。

野々村竜太郎の現在の活動は?wikiも消失し事故の噂も

号泣議員野々村さんといえば、もう伝説ですよね。 さんまさんに、「

吉田鋼太郎「伝助萌え」の演技力は?大学などのプロフィールも紹介

俳優の吉田鋼太郎の人気って、最近はより一層すごい人気ですよね。

デスクワークの疲労を軽減するために椅子を変えていった結果。

バランスボールにしたら、デスクワークによる疲労が改善された

学歴を資格で補うのは意味がない2つの理由

学歴を資格で補うのは止めた方がいい 私は税理

→もっと見る

PAGE TOP ↑