*

帝一の國の11巻と12巻の発売日はいつ?ストーリーあらすじや感想も

公開日: : 最終更新日:2015/09/16 漫画・アニメ

古屋兎丸先生の漫画「帝一の國」を皆様はご存知でしょうか。

古屋先生といえば、ブラックな作風で有名なのかもしれませんね。

代表作に「帝一の國」「彼女を守る51の方法」や「幻覚ピカソ」「人間失格」などが有名な作品でしょうか。

どれもおもしろいですが、「帝一の國」を除いては5巻以内に完結と、比較的短い感じの作品が多いですね。

「帝一の國」は10巻まで発売されております。

最近ますます眼が話せない展開になりつつありますが、11巻はいつ発売となるのでしょう。

気になったので、調べてみました。

本記事は「帝一の國」について

●11巻と12巻の発売日はいつ?

●ストーリーのあらすじや感想

についてまとめてあります。


 
 

11巻の発売日はいつ?

11巻ですが4月5日頃発売予定になります。

参考までに以下が今までに発売された巻の発売日一覧です。

<発売日一覧>

1巻・2011年3月9日
2巻・2011年12月7日
3巻・2012年7月9日
4巻・2012年11月7日
5案・2013年3月9日
6巻・2013年7月9日
7巻・2013年11月6日
8巻・2014年4月9日
9巻・2014年8月9日
10巻・2014年12月9日

大体4ヶ月事に1冊で、1年に3冊ペースですね。

このサイクルで考えると12巻は8月9日あたりでしょうか。

 
 

あらすじ

主人公の赤場帝一は総理大臣になって日本を世界一の国にするという途方もない夢をもつ少年です。

中高一貫の超名門校の海帝高校の内部進学生で中学時の成績はトップ。

ちなみに、帝一の名前の由来は父・譲介が海帝高校で一番(生徒会長)をとれるようにと願いを込めてつけられた名前のようです。

なぜそこまで海帝高校の生徒会長の座に拘るかというと、海帝高校の生徒会長という経歴は日本一の東都大学の推薦入学の権利が得られる以外に、官僚や政治家で上の目指すために多大の影響力を持つようです。

譲介は1票差で負けそれが官僚になった後にも響いていることを痛感しているとのことです。

これは漫画の設定ですが、もし本当に日本がこんな制度だったら嫌ですよね。
高校で人生の全てが決まってしまう感じですから。

話を戻しまして、帝一は高校入学とともに、総理大臣への道への最重要キーである海帝高校生徒会長を目指すべく、自身の参謀役である榊原光明とともにライバルである、東郷菊馬や大鷹弾らと競い合って行くというのが大筋ですね。

町並みが昭和テイストでいい感じですし、帝一は悪役といっていいのかはっきりしない役所なのがいいですね。

上級生の氷室達の会長選挙編など、とりあえず全部面白いのですが、特に面白かったのが1巻の試験のシーンですね。

こっそり先生から大鷹の入学試験の答案をもらって(大鷹は外部生です)、自室でハチマキを占めて、勝負するシーンです。

誰も見ていないし、わからないですが、真剣勝負な迫力がありました。

この発想力が凄いと思います。

こんなん、実際にやっていたらアホみたいですが・・・。なにより、中間や期末試験で争えばいい気がしますが。

あと、父親と風呂に入って背中の毘沙門天の刺青と話をするシーンも面白かったですね。

やっぱり古屋先生の発送は常人とは違うような気がします。

 
 

まとめ

帝一の國のラストはなんとなくバッドエンドになりそうですよね。

帝一は東郷には勝てても、大鷹には勝てなさそうな気がしますね。

帝一が生徒会長になった場合、舞台は昭和ということを考えると、ラストのシーンで現在の場面が描かれることもありそうです。

これからも楽しみな作品であります。

ランダム記事

ヒナまつり8巻や9巻の発売日はいつ?アニメ化や感想にあらすじも

「ハルタ」という若干マイナーな雑誌に掲載されている漫画・ヒナまつりですが、最近よりいっそう人気が上が

記事を読む

                                
Amazon輸入転売の副業とブログのお知らせ

しばらく日記形式で更新していきます いつのまにか師走

レンタル彼氏ってなに?人気やレビューに口コミなどの評判を調査

本記事はレンタル彼氏について記述しております。  

堺雅人と菅野美穂の馴れ初めは?竹内結子と結婚しなかった理由とは

堺雅人さんと菅野美穂さんの馴れ初め 本記事は堺雅人さんと菅野美穂さん

矢吹奈子が号泣?総選挙の順位の結果についても

本記事はHKT48の矢吹奈子さんについて記述しております。

あびる優の出産とぽん太!旦那の才賀紀左衛門の本名について

本記事はあびる優さんの出産とぽんたの関係や才賀紀左衛門さんの本名ついて

→もっと見る

PAGE TOP ↑